里山に春の足音

ヒサカキの独特な香りとともに森に春がやってきました。
定例整備活動の後、春蘭の様子を見に行ってみました。
前に探したときに花芽が付いていたのは、3株。
1つめ、咲いていました!
しっかりと背筋を伸ばして上品な春蘭です。
f0007956_21574761.jpg
2つ目、まだつぼみです。
f0007956_21573620.jpg
3つ目、これもまだつぼみです。
来週、また見に来よう。
f0007956_16593115.jpg
ヒノキ林に行ってみました。
コバノミツバツツジがピンク色に輝いています。
これは、咲く時期が木によって差が大きいので、1か月以上森のあちこちで目を楽しませてくれます。
この木の育ち具合は森の明るさを正直に反映します。
手入れして明るくなった部分は数年でつぼみをたくさんつけてくれるので、モチベーションを上げてくれる木なのです。
f0007956_21573386.jpg
f0007956_21573152.jpg
そして、ヒノキ林のど真ん中にある、この森で一番立派なクロモジが満開。
f0007956_21572919.jpg
ジンチョウゲのような薄黄緑色の小さな花と小さな新芽。
f0007956_21572326.jpg
楽しい季節の始まりです。





[PR]
by poppy48 | 2015-03-28 22:01 | 東山台