上高地と西穂丸山 2/14~16

もう、1か月近くたってしまいました。
厳冬期にどこへ行けるか・・・
夏山と冬山では難易度の基準がずいぶん変わってきます
自分の力を100としたら、60くらいの力で行ける場所を選ばなければいけない、と言われる
夏場の上高地なら、横尾までスイスイですが、2月となると。。。

2/14の朝7:30に京都を出発して14:00に平湯に入る
平湯大滝見学。氷結まつり真っ最中なので異国の観光客がいっぱい。
そばに置かれた温度計では-4度
f0007956_15242998.jpg

これ以上そばに近よることもできず、寒いので早々に退散
今日の宿「中の湯温泉」に荷物を置いてから焼岳登山口まで散策しましょう、ということになったのですが
雪はますます、激しくなり積雪量が多いので結局この日は温泉を楽しむことになりました。
「中の湯温泉」のゲートにガイド車を駐車して、宿のお迎えで玄関まで行くのですが
たいした距離でもないのに、これがまぁ大変
毎夜毎夜、深夜に除雪車で除雪作業が欠かせないそうです。
雪国に住むって想像を絶する大変さです。

さて、翌朝やはり宿の車で釜トンネルまで送ってもらい、いよいよ上高地突入
30分ほど歩いて
9:30 釜トンネル出口で、身支度を整えスノーシュー装着
f0007956_2313183.jpg

気温は高めで全く寒くはないのですが、雪というより雨に近い。
雪崩注意の林道をすばやく通り抜け、荘厳な大正池へ。
これはこれでいい感じです。
f0007956_23132379.jpg

f0007956_23132628.jpg

梓川にはまらないように、雪庇に気を付けながらサラッピンの雪の上を行く。
ひざ下くらいのラッセルを交代しながら進みます
f0007956_23132893.jpg

人気のないバスターミナル。
駐車場も背丈くらいの雪で埋まっています。
f0007956_23133057.jpg

田代池に映る穂高を夢見ていたのに、何も見えず・・・。
記念に看板だけパチリ。
f0007956_23134435.jpg

雪のかからない大きな木の下でお昼を食べ
13:30 なつかしい河童橋到着。
f0007956_23133748.jpg

穂高方面、何も見えず。
f0007956_231332100.jpg

怪しげな4人組!
f0007956_1613428.jpg

焼岳方面、工事中。工事車両のために川に中洲が作られています
f0007956_15531368.jpg

帰り道、ようやく雪が止み、梓川の右岸を通る
f0007956_2313429.jpg

今頃になって空が青くなってきましたが、やっぱり穂高は見えず。
もう4時近くですから、帰らねば。
f0007956_23133949.jpg

明日に期待して今日の宿、奥飛騨温泉郷の「野の花山荘」に向かいました
f0007956_23134650.jpg

[PR]
by poppy48 | 2015-03-05 16:16 |