ナラ枯調査

日本の山林には問題が山積していて、
その一つに「ナラ枯れ」があります
クヌギ、コナラ、クリなど広葉樹が甲虫カシノナガキクイムシが運ぶ細菌のために
短期間に集団で枯れてしまう現象で最近クローズアップされています
今日は、ここの里山にその被害が出ていないか調査しました。
幸い、被害は見つかりませんでしたが
その虫が入り込むと2週間で枯れてしまうとの事、油断大敵です。

山を歩いているときに、スギ林の下の沢でオニヤンマの産卵を目撃しました。
1か月ほどで孵化し成虫になるのは5年後との事。
何匹くらい生まれるのでしょう。




エノコログサの原っぱの中にいろいろな花が咲いているのです
f0007956_2046247.jpg

ツリガネニンジン
f0007956_2045861.jpg

ボントクタデ
f0007956_20464396.jpg

by poppy48 | 2010-09-20 20:47 | 里山