タグ:紅葉 ( 47 ) タグの人気記事

初冬の森 12/7

週末に「ヤキイモ大会」を開くので森で準備をしました
今日は快晴
写真左側の鉄塔の向う側が東山台の森です
広葉樹が多いので、最後の紅葉がまだ綺麗です

f0007956_06524998.jpg

棚田のカエデは残ってるかな?
大丈夫。ちょうど見頃です。
自然のままにすくすくと成長してシンボルツリーの貫禄が出てきました
当日はこの樹の下でクリスマスリース作りをしますが、いい感じですね

f0007956_06525086.jpg

ヤキイモ用の窯も設置しました
正面のナナミノキが大きくなりすぎて少々困っていて
来年は枝を間引く予定ですが、樹は斜面から生えていて足場が悪いので
たいへんな作業になります

f0007956_06525053.jpg

ここの森は14Haあるので、手入れが行き届いている場所はほんの一部です
旺盛な生命力で、ムクムクと成長する樹々や植物を
人間が手を加えて目標林に近づけ、活用するのが「里山」ですが。
やりたいことはたくさんあるのに、人手が足りない
来年の目標も会員勧誘だ!

f0007956_06525071.jpg

[PR]
by poppy48 | 2016-12-09 07:13 | | Comments(0)

ぷらっと森林植物園へ

先週に開かれた神戸市立森林植物園での自然観察講座に行けなかったので
今日、車で紅葉の様子を覗きに行ってみました。
家から1時間弱、もう道順も覚えてしまった。
家を出てすぐに土砂降りになったのだけれど、途中で買い物をしているうちに回復してきました。

自宅よりは標高も高いので少しひんやりした空気。でも寒いというほどではありません。
紅葉もまだまだのようです。
f0007956_1764421.jpg

もちろん真っ赤に色づいたイロハモミジもあるのですが、まだ少数派です。
f0007956_1765376.jpg

長谷池の周りにはハナノキ(花の木)が植わっていて、淡いピンク色に染まrます
カエデ科の雌雄異株の樹ですが、名前が変ですね。
春に葉が出る前に真っ赤な花が一面に付くので、この名前だそうですが、変です。
f0007956_21444692.jpg

このイロハモミジは形がステキだけど、赤くなっているのはまだ半分。
f0007956_21453768.jpg

モミジバフウ。これは家の周りにたくさんあるのでここで見ても驚きませんよ。
f0007956_17144537.jpg

葉っぱに字が書けるタラヨウ。「阪神が勝ってくれますように」ですって。
葉っぱの根元にかわいい実ができています
f0007956_17152426.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-11-07 17:16 | 紅葉 | Comments(0)

涸沢から北穂(台風に追いかけられて・・・)3日目 10/9 と4日目10/10

さて、4時過ぎに起きると、ガスと小雨。
台風の影響が強くなるのは午後らしいので、できるだけ早めに出発することになりました。
といっても、しっかり朝ごはんをいただき
5:50 出発
f0007956_16274690.jpg

寒くない。どちらかというと暑いくらい。
風も雨も大したことはない。
大きな一歩の下りが続く。
バランスの悪い私は必要以上に力が入り、ひざが笑うのを通り越してガクガクする。
いかんいかん。チドリ足はいかん。とぶつぶつぼやきながら下る。
涸沢のテントが見えてきた。あと一息。
f0007956_16384834.jpg

8:00 涸沢ヒュッテ着
缶コーヒーを飲んでホッとする。
一息入れたらすぐに出発。
雨に煙る紅葉もステキなのだけど、ひざガクガクするのと、カメラ水浸しでうまく撮れない(>_<)
f0007956_16442194.jpg

f0007956_163944.jpg

f0007956_164311100.jpg

11:00 横尾に帰ってきました。ここまでくればまずまず安心
雨も大したことないので、ここでお昼ご飯。
残ってるおにぎりや味噌汁を思い切り食べます。ぺっちゃんこのアンパンが残ったけど、もう満腹。
11:30 出発
f0007956_16573640.jpg

12:30 徳澤に帰ってきました
当然だけど、テントもわずか。
f0007956_16573430.jpg

14:00 上高地に帰ってきました。結構な風です。
わっ、帰りの横尾-上高地は2時間半や。早っ!
f0007956_16575012.jpg

シャトルバスで駐車場に戻り、今日のお宿新平湯温泉「宝美館」へ
大変、美味なお食事と良いお湯をいただき、疲れも吹っ飛んだはずなのに・・・
そろそろ筋肉痛が襲ってきました。(涙)

一方台風は、消滅してしまい、翌日は打って変わって真っ青な空、おまけに10月というのに猛暑。
10月10日は高山祭ということで、見学に連れて行ってもらえることになりました。
警備のおじさんに様子を聞くと、桜山八幡宮の表参道に「屋台の曳き揃え」がされていて
境内ではもうじき「からくり奉納」が始まるから急いで場所取りをするのがいい、との事
あまり意味が分からず、とりあえず桜山八幡宮へ行ってみると
なるほど、10台の屋台がずらっと並んでいて、観光客がいっぱい。
f0007956_173402.jpg

f0007956_1734620.jpg

人を掻き分け掻き分け境内に行くと、写真右方の屋台に設置された2体の唐子がからくりを披露するという
高山祭必見の出し物のようで、TVカメラもたくさん来ています
見てみたいのですが、予定時刻まであと40分。この日は30度の猛暑。
あえなく挫折して、神社にお参りをして場所を移すことにしました
f0007956_17335467.jpg

桜山八幡宮はとても立派な神社ですし、街の周りはぐるっと山に囲まれて風光明媚な素敵な街でした
お祭りでない時に、ゆっくり来ましょう。
f0007956_17442283.jpg

今年の夏がようやく終わりました。
帰りの車の中では、これからの冬山の話、来年の夏山の話・・・と山談義が延々と繰り広げられました
同行の皆さん、大変お世話になりありがとうございました
[PR]
by poppy48 | 2013-10-20 17:07 | | Comments(0)

涸沢から北穂(台風に追いかけられて・・・)2日目 10/8

昨夜は、ベンチに寝転がって満天の星を満喫し、流れ星もゲットし
山小屋とは思えないフカフカのお布団でよく眠れました
今朝も良いお天気。きっと激写の一日になるでしょう。
f0007956_759884.jpg

今日中に涸沢で折り返してくる予定の方が多いようです。
「台風来てるからね」  「ごもっとも・・・」
f0007956_759149.jpg

6:00 出発
f0007956_759237.jpg

しばらく行くと、朝日に輝く屏風岩が見えてきます。わくわくする!
f0007956_7592641.jpg

f0007956_7593463.jpg

屏風の頭。まさにその名の通り。
f0007956_818389.jpg

屏風岩を巻いて、さらに歩を進めると、北穂が見えてきました
f0007956_7594593.jpg

6:45 本谷橋
f0007956_7594876.jpg

一息ついて出発。振り返ってステキな本谷橋と本谷川の流れを瞼に焼き付ける。
f0007956_7595637.jpg

振り返ると、左奥にとんがった常念岳。
f0007956_80871.jpg

高度があがって、そろそろ真っ赤なナナカマドが目立ってくるのだが
中には、青々とした葉っぱのものもある。
f0007956_8482044.jpg

そろそろ、涸沢っぽくなってきましたよ~
f0007956_8484698.jpg

また振り返る。秋の山と秋の空。おなかも空いてきた。
f0007956_8483220.jpg
f0007956_8485884.jpg

涸沢小屋と涸沢ヒュッテの分岐
ナナカマドはヒュッテ側の方がきれいなのだけど、今日はまだ先が長いので寄り道はせず右折。
f0007956_8484598.jpg
f0007956_8485694.jpg

f0007956_849677.jpg

小屋が見えてきた!
f0007956_856589.jpg

f0007956_8492185.jpg

9:00 涸沢小屋着 第一次お昼ご飯
10:00 北穂に向かって出発
f0007956_1557655.jpg

ぐんぐん高度を上げ、あんなに大きかった屏風岩も見下ろすくらいになる
富士山もみえてきたぞ。
13:30 着いた!3,106m
f0007956_15533959.jpg

目の前に厳しい表情の槍ヶ岳。3年前の夏にここから見たときはもうちょっと親しみ深かったけど
今日は、ただただ冷たい岩の塊。
こういうのを見ると、やはりヒトの無力さを感じて心が引き締まる。
f0007956_15534250.jpg

f0007956_16161779.jpg

そうこうするうちに、ムクムクとやってきたガスに覆われ展望はなくなりました
従って、楽しみだった夕焼け、星空、ご来迎は、な・し・・・
そのかわり、北穂赤ワインを飲んだ。おいしかったわ!

翌日の天気予報は暴風雨。翌々日も暴風雨。ありゃりゃ、どうする??
雨風は強くなるし、真夜中に震度3の地震。眠れない夜を過ごしたのでした。
[PR]
by poppy48 | 2013-10-19 08:19 | | Comments(0)

涸沢から北穂(台風に追いかけられて・・・)1日目 10/7

今年の夏山のターゲットは、後ろ立山の鹿島槍ヶ岳。
ところが、予定していた8月末のその日は台風直撃の予報。泣く泣く延期に。
その後紆余曲折を経て、秋の穂高に行くこととなりました。
アルプスの紅葉の進み具合は絶好調、心配した台風23号は西の方に去り、胸をなでおろしていると
すぐに24号が発生し信州に吸い寄せられるような進路予想。

台風のせいか蒸し暑い前日、黙々と準備を進めます
おNewのリュックはDeuterの35L。初めての2気室タイプはなかなかいい感じ。
全部で8.5Kgくらいです。
f0007956_20321924.jpg

10月7日12:00 平湯あかんだな駐車場到着
関西はもわっとした曇天でしたが、高山あたりから真っ青な空が広がっていました
とりあえず今日のお天気はサイコ~です。
f0007956_2122922.jpg

シャトルバスで上高地に向かいます。約30分。
f0007956_20332016.jpg

3年ぶりの上高地。秋の山肌は今までに見たことのない赤みがかった色。
それにしても暖かい。夏でもピリッとした上高地の空気ではないなぁ。
f0007956_21163955.jpg

f0007956_21184799.jpg

f0007956_20324797.jpg
f0007956_20334585.jpg

さて、まずは明神まで、45分で。
結構賑わっていますね。
f0007956_23165528.jpg

明神岳も秋色。
f0007956_231756.jpg

一息ついたら次は徳澤まで、45分で。歩くにつれて、次第に秋が深まる。
f0007956_2317975.jpg

徳澤はいつもと変わらず、整然と美しかった。
徳澤園の前のテントがさほど多くないのは、平日だから?それとも台風が来るからかな?
f0007956_23171854.jpg

f0007956_23172195.jpg

次は横尾まで、1時間で。
ここまでは、平坦な道ですから楽しいハイキング。横尾でお風呂に入り、偶然出会ったMご夫婦と
同じテーブルでおいしい夕食をいただいて快適な一日を過ごせたことに感謝。
天気予報によると、明日もお天気は良し。明後日からいよいよ台風の影響が出てきそうです。
[PR]
by poppy48 | 2013-10-18 20:51 | | Comments(0)

庭のカエデ

近年最高の色合い。
来月、植木屋さんが来たら、もっと枝を大きく伸ばすように剪定してもらおう!
この横にあるドウダンツツジもとってもきれいなんですが
日当たり悪くて、成長が遅い。
f0007956_1692129.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-11-27 16:20 | 庭の花たち | Comments(0)

森は色、色々

B区画の臨時植生調査のために、朝から森へ
倉庫から必要な荷物を取り出して、目的地へ向かう。
アベマキの落ち葉が一面に敷き詰められた坂道の向こうには明るい日差し
f0007956_15485642.jpg

調査区の脇にそびえる、背の高いコナラ。
今年はドングリをたくさん落としてくれています。いい色や!
f0007956_15483266.jpg

B区画のガンピの稚樹に番号札を付け、生えている場所を地図に書き写す
今日は5人で、要領よくできたので、2時間ほどで完了。
あっちの樹やこっちの樹を見ながら帰路に
今年は森の中も色彩豊かだ
f0007956_15485021.jpg

淡い赤は、コバノガマズミ。ワインで言うとロゼの感じ。
f0007956_154952.jpg

f0007956_15491137.jpg

そうかと思うと、こんな真っ赤なツルも
f0007956_15491678.jpg

黄葉と青空のコントラストは大好きだ!
f0007956_15483989.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-11-27 16:07 | Comments(0)

40年ぶりの勝尾寺 11/19

紅葉日和の昨日、箕面の紅葉を見に行ったけれど
さすが箕面!平日というのに駐車場は長蛇の列でムリ。
もう少し先まで足を延ばして勝尾寺まで行くと、駐車場が空いていました
一緒に行った母はあまり気が乗らないようでしたが
私は、中2の野外活動で宿泊した勝尾寺に行ってみたくて仕方なかったのです
近所の人たちと北摂の山に行って近くを通っても
「勝尾寺は寄らないよ~」と言われて、素通りだったのでますます気になっていました

「P」のマークに従って入ったのは、えらく立派な地下駐車場
2時間500円。
仕方ないか、と素直に駐車
「参拝者入口」の看板の通りに行くと、えらく立派な建物の土産物店
境内に入ろうとすると、入山料400円
あららら??でも、せっかく来たんだから、と払って山門をくぐると
舞台装置のように、整えられた境内
f0007956_17273253.jpg

とりあえず、参拝経路に従ってぐるーっと一周回ったのですが・・・
40年前の勝尾寺は山奥の古い古いひなびたお寺
あまりの変貌に、腰が抜けそうにビックリしました。
f0007956_17273887.jpg

今日、出会った知人にその話をすると
「そうよそうよ、あの会館ができるまでは、駐車料も無料だったのよ!」
「あそこを通り過ぎたら、ただの駐車場があるよ!」
「境内には三途の川まであるのよ!」
みなさん、よくご存知です
でも、口々に上がる評価は決してお褒めの言葉ではありません
道理で、誰も行きたがらない訳です。
私も、二度と行くことはないでしょう。
40年前のセピア色の記憶だけ大切にしておきます。
f0007956_17274532.jpg
f0007956_17275173.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-11-20 17:53 | お出かけ | Comments(0)

東山台散歩

f0007956_21233792.jpg
f0007956_21234350.jpg
f0007956_21234899.jpg
f0007956_21235542.jpg
f0007956_2124038.jpg
f0007956_2124673.jpg
f0007956_21241120.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-11-12 21:25 | 東山台 | Comments(0)

けやき

庭のけやき。
f0007956_21165121.jpg
f0007956_21164857.jpg
f0007956_211757.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-11-12 21:18 | 庭の花たち | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る