タグ:山 ( 136 ) タグの人気記事

大町市へ  4/24~26

2泊3日の旅行
初日は雨で始まりました。
大糸線の信濃大町駅に着いた時には傘が必要なくらい降っていたので
今日は観光は無理やなぁ。ホテルへ直行しかないかぁ・・・と思っていたのですが
お迎えに来てくれたK氏の計らいで、街の桜並木と仁科三湖を案内していただいた。
中綱湖のオオヤマザクラの濃いピンク色と湖のエメラルドグリーンは雨で風情が増していました
もう少しして満開のころには湖畔にカメラマンがずらっと並ぶそうです
f0007956_216823.jpg
f0007956_216066.jpg

うって変わって2日目は快晴
くろよんロイヤルホテルの玄関横のメタセコイアも芽吹いています
朝入った温泉の窓から朝焼けの雪山が見えたので大急ぎで外に出たのですが
もう辺りはすっかり明るくなって朝焼けは終わっていました
f0007956_2161842.jpg

ホテルのゴルフ場から見えるのは岩小屋沢岳
ゴルフ場のオープンももうじきだそうです
いくら眺めても飽きることのない完璧に美しい風景。
f0007956_2164246.jpg
f0007956_2163238.jpg

この日は扇沢からトロリーバスに乗って黒部ダムへ
これから雪解けの水が大量に流れ込んでくるため、今の時期ダムの水位はとても低くしてある
一般的な黒部ダムのイメージとはずいぶん違う眺めだけれど
雪好きの私は雪山が見れて文句なし
赤牛岳と飛行機雲
f0007956_2165835.jpg

展望台からの立山
以前、立山縦走した時に眼下に黒部ダムを見たのは、今と逆の立場
展望台は200階段を登らないといけないので、人が少なく快適なのだけれど
廊下のようなダムの上は噂通りガイコクの方が満載。バスが着く度に集団が通り過ぎていく
f0007956_21434768.jpg

さて、3日目はまた雨。
残念がっていると再びK氏が車で案内をしてくれた
街一番の展望スポットである鷹狩山に行きたかったのですが
行っても景色は見えないので高瀬渓谷に行きましょうという提案、
槍ヶ岳を源流とする高瀬川は、昔は暴れ川で下流域の水害が絶えなかったこともあり
3つのダムが作られたそうな。
高瀬ダム、七倉ダム、大町ダム。一般車は七倉ダムまでしか入れませんが
エメラルドグリーンの神秘的な水が溜まっています
f0007956_2165652.jpg

自然石を積み上げたロックフィルダムというのをはじめて知って驚嘆!
f0007956_7534669.jpg

おととし、雲ノ平に登ったグループのうち2人が高瀬ダムから信濃大町へという経路で
帰られたのですが、まさにここを通過したのかと感慨ひとしきり。
次は
街の北部に回り、中山高原の美麻珈琲で一息つき、居谷里湿原へ
ザゼンソウは、もうおしまいですが、水芭蕉が咲き始めていました
キクザキイチゲもリュウキンカもありましたよ。
f0007956_2164631.jpg

というわけで、大町市の見どころを地元人ならではの解説付きで案内していただき
大変貴重な旅になりました。
心優しいくろよんロイヤル元社長のT氏と支配人のK氏には心よりお礼申し上げます
[PR]
by poppy48 | 2013-04-28 22:36 | Comments(0)

春日山原始林へ 4/10

二度目の春日山原始林です。
前回(2012年10月)は観察会だったので、原始林の内部に入り特有の植物を観察して歩きましたが
今回は、原始林の外周道路を一回りするコースを歩きました。
メンバーは近所のハイキングクラブのメンバー9人。
8:10に駅に集合して出発
近鉄奈良駅から興福寺を通って春日大社へ。
お参りを済ませて、駐車場横から遊歩道に入り、道なりに1時間ほど歩いて若草山到着
奈良市街地や生駒山を見ながら昼食の予定でしたが、冷たい風の吹きさらしなので
暖かい駐車場でお弁当を広げました
鹿は遠慮がちな小鹿ばかりで、被害はなく、ゆっくりできたのでよかった!
f0007956_1514631.jpg

若草山を後に有料の奥山道路を歩く。有料道路というのに、舗装もされず
どう見ても林道なみ。歩行者にとっても森にとっても結構なことです。
ただ、道路周辺は手入れの行き届いた杉の人工林地区が多く、あら~?という感じです
春日大社の建築材料に使うのでしょうか、とても大きく立派な杉林はウォーキングには最適です
f0007956_1514266.jpg

モミジも植林されたものかもしれませんが、新芽の黄緑色とヤマザクラのピンク色の組み合わせが
絵巻物のようです
奥山最大のヤマザクラに出くわしました
f0007956_1515987.jpg

高い所に咲く花を眺めると首が痛い!
f0007956_1515399.jpg

後ろ髪をひかれながら大ヤマザクラに別れを告げ、歩を進めます
f0007956_1521477.jpg

奥山道路から少しそれて、鶯ノ滝と興福寺別院に行ってみることにしました
下り道をくねくねと結構下ってたどり着いた鶯ノ滝。
f0007956_152984.jpg

長い階段を見て、行きたくない人もいたので
「歓喜天」なので、夫婦仲を改善したい人だけお参りに行くことに・・・!
f0007956_1523858.jpg

とか、冗談を飛ばしながら、結局全員が行ってみると
本殿はなくなっており、鐘楼だけでした。がっかり。
f0007956_1522630.jpg

もとの奥山道路に戻り、芳山交番のところから柳生街道に入る
荒木又衛門が試し切りをしたという首切り地蔵
これまでの原生林周遊の道に比べると、人間臭い道ですが、また春日大社に戻って
ゴールイン!
f0007956_152216.jpg

全部で3万歩弱、歩いたようです。15Kmくらいです。
今日、見つけるつもりだった「イチイガシ」「ツブラジイ」「イヌシデ」「ムクロジ」・・・お手上げでした(T_T)
[PR]
by poppy48 | 2013-04-11 15:53 | | Comments(0)

六甲山へお散歩

延び延びになっていた六甲山行き。
本日、決行です。
阪急芦屋川駅からバスでおたふく山登山口へ。
その昔、学校の遠足で来たような気がする。東おたふく山へは30分くらいで着いた。
たぶん今朝冷え込んだのか、雪がところどころ残っていてうれしい。

おたふく山から見た六甲山山頂。山肌が木々の新芽のせいでビロードみたいになっています。
f0007956_1856954.jpg

辺りを見渡しながらゆっくり歩いて、風吹岩へ。
奈良の山々、大阪のビル街、阪神間の街や埋め立て地、神戸空港、淡路島
岩のてっぺんでお弁当を広げながら、景色を満喫
山からすぐ海が見えるのが六甲山のいいところ。
f0007956_18512522.jpg

平日というのに、老若男女、人が増えてきたので岩のてっぺんの場所を明け渡して次の地へ
f0007956_18513343.jpg

金鳥山を経て、海を眺めながらのどかな山道を下って、下って・・・
タチツボスミレの群生、ヒサカキの独特の香り、春がやってきました
f0007956_1852344.jpg

保久良神社に到着。カワラヒワの撮影成功!よく太ってます。
f0007956_18515090.jpg

とても端正な神社で、境内の枝垂れ梅はまだまだこれからです。
f0007956_18515796.jpg

f0007956_1852992.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-03-21 19:12 | | Comments(0)

武奈ヶ嶽へ 3/1

やまやさんのツアーで湖北の武奈ヶ嶽スノートレックに行ってきました
2月末、寒かったり暖かったりの不安定なお天気、それに当日は昼前から雨の予報。
「青空に真っ白な樹氷」という夢の風景を目にするのは諦め、雨の降り出しが遅れることを祈る

7:20 JR山科駅集合
車で拾ってもらって、琵琶湖西岸の161号線を北上
雪深いはずの高島も、今日は溶けてる~
近江今津で303号線に入り、石田川のもう少し先の登山口に向かう
車窓から武奈ヶ嶽が見えてきました(写真の左端)
f0007956_20494522.jpg

道路から唐突に登山道が始まる。 9:30
中途半端に雪の残った杉林の急登で、歩きにくい事この上なし!
1時間ほど登り、杉林がブナ林に替わってきたころに、周りの景色も見え始める
若狭湾にきれいな三角錐の青葉山が見え、嬉しくなる。
反対側には琵琶湖も見える。
f0007956_20495571.jpg

しかし、とにかく溶けかけの雪が重くて重くて。「腐った雪」と言うらしいけど・・・まいった。
f0007956_20501240.jpg

f0007956_20503416.jpg

13:00までに山頂に着けなければ、元来た道を戻るということになり
皆さん頑張るが、私の歩みはノロノロノロ・・・
向かい風も強く、ヨロヨロヨロヨロ・・・
目の前に横たわるイカツイ武奈ヶ嶽。あの上まで行かなくては。
今、登ってきた道を下るのは絶対イヤだ、
f0007956_20504486.jpg

着きました!12:45 セーフ!
なぜ、ここが山頂か?周囲にここより高い所がないから?
本来あるはずの看板などは全て雪の下なのでした。
積雪は2m近くあるんでしょう。
Yガイドがスコップで上手に雪のイスとテーブルを作ってくれて
平和にお昼ご飯をいただくこともできました
これからのコースは予定通り、向かい側の尾根を下ります
それもそれなりに、難しい道のりやったけど・・・・。
f0007956_20505526.jpg

向こうの方の白く長い尾根は三十三間山
f0007956_2230583.jpg

下山30分前くらいから雨が降りだし、気温の高さを実感する
16:00 無事下山
[PR]
by poppy48 | 2013-03-03 21:08 | | Comments(0)

六甲山 氷瀑

今年もNさんと氷瀑巡りに行ってきました。
昨年からの格別の寒さのせいできっと今年の氷はすごいよ、と期待していましたが
先に行った人たちの情報によると、あまり芳しくない様子

いつものように有馬のロープウェイの駐車場に車を停め
元気に歩き始める。
しばらくして、白石谷との分岐の道標のところで地図を片手に悩んでいるお兄さんに遭遇。
山は初心者だそうで、やはり滝を見に来たというので
熟女2人がガイドをつとめることに。。。

2人のお子さんを山に連れて行くために山歩きの練習をしているとの事。
同じような年頃のKさんも、そんなこと言ってたなぁ。
最近の若いお父さんは家庭的だ。

など喋っているとあっという間に七曲りの滝へ。アイゼンも不要だった。
確かに、氷瀑は小さい。
でも、細いつららが繊細さを強調してきれいだ。
f0007956_2054087.jpg

氷り具合はイマイチだけど、とても歩きやすいので他の滝にも行ってみることにしました
京都から来たという年配のグループも合流し、ちょっとしたパーティーができ、みんなで
次の滝に向かいました。
似以滝も、凍っているのは半分くらい
f0007956_2054737.jpg

百間滝はもっと小さい感じです
f0007956_21184899.jpg

百間滝の上流でお昼を食べ、有馬に戻ろうと歩いていましたが
時間も早いので、もう一つ白石滝にも行ってみることに
f0007956_21441046.jpg

意外と簡単に着けたのですが、白石滝は小さいし大きな樫の木が倒れていて何だかよくわかりません
でも、そこでまた別の若いお父さんに遭遇。
この方はベテランさんで、子供さんを山に連れてくるときには「お助けロープ」を装着して
安全確保しながら歩くそうです。
この人もやっぱり家庭的だ。
f0007956_20541324.jpg

一期一会。いろんな方といろんな話ができて楽しい一日でした
シメは船坂のベルグでチーズケーキセット。消費したカロリー以上を摂取したのでした。
f0007956_21273377.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-02-02 21:37 | | Comments(0)

霧ヶ峰へ 1/19~20

待ちに待ったスノーシューの季節になりました!
やまやさんのツアーで、30年ぶりの霧ヶ峰。
先週末の寒波で雪も増えてるみたいで、絶好のコンディションです。
参加者は私以外にIさんご夫婦。
気心の知れた方との少人数の山行で、さらにお天気に恵まれれば最高の贅沢です。

7:30京都出発→名神→中央道
関原辺りは例のごとく、どんより寒々した雰囲気ですが、愛知県を抜け恵那山トンネルを
くぐると、青空に雪景色。いい感じです。
南アルプスの銀嶺が見えてきました。これは塩見岳かな?
f0007956_21564850.jpg

11:30、諏訪湖SAでお昼ご飯。「ハンバーグ丼温玉付き」を平らげてしっかり腹ごしらえ!
諏訪湖は真ん中がまだ凍っていない様子。御神渡までもう一息ですね。
f0007956_2157865.jpg

12:30、ビーナスラインを通って、八島湿原ビジターセンター駐車場へ
今日は、ここから鷲ヶ岳に登ります
ビジターセンターは閉鎖中ですし、湿原は一面真っ白。
スノーシュー、どうやって付けるんだっけな?どっちが右だっけな?
でも、お天気良くて寒さも大したことなくてイイ感じです。
f0007956_22121511.jpg

少し登ってから、北の方向にぽっくりした「鉢伏山」。右の方に視点をずらすと「浅間山」がよく見えます
f0007956_22122353.jpg

右の方が鷲ヶ岳山頂に至る尾根。今から先端まで進みます。
その向こうに北アルプスの山々が見えてきました。三角のが「蝶ヶ岳」かな。
f0007956_11495943.jpg

14:40、登頂。1798.3m。
f0007956_22304650.jpg

名古屋から来られていたカッコいい方たち。勝手に載せてスミマセン。
f0007956_23123747.jpg

後ろ髪をひかれながら下山。雪山の下りは楽しい!
危険な雪庇も谷もないので、ずんずん下ります。
振り返って、白と青のまぶしいコントラストを楽しむ。
右側は誰かが先につけたトレース。左側が私が新雪につけたトレース。
f0007956_22305393.jpg

日が暮れてきました。さぁ帰ろう。
f0007956_22311297.jpg

ビーナスラインの途中にある「富士見台」
カメラマンが一杯並んでいました。八ヶ岳のすそ野から端正な富士山が本当にきれいに見えました。
f0007956_22311822.jpg

この日の宿は車山のペンション「ぎんのさじ」。
3時や4時起きが常の夏の山小屋滞在とは緊張感が全然違います
翌日の準備もせず、成り行きで布団に入って熟睡。
6時起床、7時朝食、8時出発。思い切りゆったりです(冬季はこんな感じなんですって。)
自家製はちみつ入りのプリンがとても美味しかったので購入。
f0007956_11101024.jpg

8:30、車山肩のコロボックルヒュッテから行動開始。
今日は八ヶ岳にかかる雲がなく、形が良く見えます
逆光ですが、右側が南八ヶ岳、左側が北八ヶ岳となります
f0007956_033562.jpg

9:30、見えてきました!車山山頂の気象レーダードーム
f0007956_0135611.jpg

10:00、車山山頂 1,925m
そして、その向こう側にある車山神社。スキー客の人たちがたくさんお参りしています
f0007956_0141054.jpg

少し下ったところの、車山乗越 1,815mにて。バックは蓼科山。
f0007956_1254647.jpg

車山湿原の淵を歩いて、蝶々深山に登って降りて・・・雪原をたくさん歩いて
13:00、下山。
f0007956_0143358.jpg

蓼科山と八ヶ岳に別れを告げて、帰路に。
お疲れ様でした!
f0007956_1157787.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-01-21 22:22 | | Comments(0)

京都、愛宕山 12/10

阪急嵐山駅前から清滝までバスに乗ると、その少し先が登山口。
降ってる降ってる!今季初雪遭遇。
f0007956_7474559.jpg

今日はNさんと2人ですし、出発もゆっくりなので頂上にある本殿まではたぶんムリよね~
1時になったら折り返そう、と決めて表参道を登りました。
f0007956_7435410.jpg

杉の大木の間にある落葉樹の枝には樹氷のように雪が絡まっています。
何人かの登山者に出会いますが、
「上はきれいで、気ぃ付けて行っておいで」と声をかけてくれます
f0007956_744131.jpg

f0007956_74465.jpg

折り返し予定時刻の午後1時に、「水尾別れ」に到着
水尾に抜けて保津峡駅から帰る方法もありますが
道が凍結し始めていたので、やはり傾斜の緩い来た道を戻ることにしました
f0007956_7441477.jpg

登ってきたときよりもさらに積もって、荘厳な雪景色を堪能できました。
f0007956_7442184.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-12-11 08:04 | | Comments(0)

氷ノ山(1,510m)へ 11/7

近所の山の会で氷ノ山に行ってきました
朝6時に郵便局前に集合。北西に向かって走ること(私は乗ってるだけですが)2時間半。
ギリギリ日帰りの距離です。
出発地点の福定親水公園で集合写真。本日の参加は9名。
f0007956_22233644.jpg

阪神間のお天気は晴れですが、兵庫県北部は曇り時々雨
3年前に同じ時期に来たときには、ほとんど紅葉は終わっていたのですが、今回は十分残っています
f0007956_22234537.jpg

f0007956_22235149.jpg

f0007956_22235361.jpg

f0007956_22235744.jpg

山頂、ちょい手前の岩。これは登らず巻いて行きます。
f0007956_2224439.jpg

無事登頂
f0007956_22241360.jpg

山頂から、鉢伏山へ繋がる縦走路
f0007956_22241959.jpg

鉢伏山・スキー場がたくさんあってハゲ山に見えます
f0007956_22235953.jpg

下り道から見える紅葉のパッチワークの山肌
f0007956_1534831.jpg

f0007956_154493.jpg

先日の初冠雪の雪が解けて、泥んこ道が続く。尻もちつきたくないので
結構神経使いながらの下り
f0007956_1858208.jpg

山頂から東登山口までの道は湿原があったり、巨大な芦生杉があったり、植生も豊かで
本当はもっとゆっくり歩きたいが、秋の夕暮はつるべ落としですからそうも行かず。。。
でも、全員無事下山完了。おつかれさま~
[PR]
by poppy48 | 2012-11-08 22:34 | | Comments(0)

木曽旅行2日目。御嶽山から見る。10月16日

昨夜、夜中の3時ごろに目が覚めて窓から空を見ると
空が白く思えるほどの満天の星空。
今日もきっと、いい天気だと信じて再びうとうと・・・・
6時起床で外に出てみました。
早朝の御嶽山
ふもとにかかる霧と赤く染まる山頂。このイモムシのような山頂の形が特徴です
f0007956_2043124.jpg
f0007956_20433011.jpg

開田高原で2日間過ごすつもりでしたが、あまりに好天なので思い切って
御嶽山のロープウェイに乗ってみることに予定変更。
6人乗りのゴンドラに約15分乗って、7合目(2,150m)に向かいます
f0007956_20431563.jpg

高度があがるにつれて、北アルプス、中央アルプスが一望に!
乗鞍だ!あまり好きではなかったけれど、なかなかスマートできれいではないですか!!
その右の方には、穂高がくっきり。もう少し三角の山は常念です。
f0007956_20434081.jpg

f0007956_21212799.jpg

終点から見る御嶽山の山頂
私があそこに立ったのは、山を始めた頃、8年前の夏
台風の影響で、始めから終わりまで雨という悲しい登山でした
f0007956_20435560.jpg

東の方には、八ヶ岳、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、甲斐駒ケ岳・・・・・、すごい展望や!
f0007956_20435247.jpg

f0007956_21195288.jpg

御嶽社にお参りも済ませ、充実した2日間の木曽旅行を終えました
f0007956_2044931.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-10-19 21:23 | | Comments(0)

10月15日木曽旅行1日目。御嶽山を見る。

8:59 大阪駅発の特急しなの(大阪発は1日1本のみですが始発駅なので自由席OK)
12:24 木曽福島駅下車。降りる人はほんの数名です。
宿場風のすっきりしたデザインの駅舎の前で開田高原行のバスを待ちます
「木曽町生活交通システム」のおかげでバスはどこまで乗っても200円です。
高齢化の波に襲われている町の活性化に役立つ、良いアイディアだと思いますが
私たちの乗ったバスの同乗者は4~5人。地方はやっぱり大変や!
f0007956_2011458.jpg

一つ目の目的地、木曽馬の里で下車。
いいお天気です!
午後になって逆光で霞んでいるようですが、午前中はもっとくっきりしていたそうです
御嶽山の雄姿に正面から対峙する、ここは御嶽山の最高のビューポイントなのです。
f0007956_20134124.jpg

開田高原は標高1,000m。
まぶしい日差しが降り注ぎ、爽やかな風が吹き気持ち良い。
f0007956_20114511.jpg

ブルーベリーの木が紅葉し、稲わらの△が面白い
f0007956_2012301.jpg

f0007956_20121896.jpg

芝生の中に形の良いコナラや名前の知らない樹、どちらも樹形が良い
f0007956_20122468.jpg

f0007956_20121115.jpg

いた!いた!木曽馬たち
f0007956_20113156.jpg

f0007956_20112544.jpg

がっちりした、たくましい馬ですが、今は観光用に保存されているのみだそうです
f0007956_20113956.jpg

想像以上に良かった「木曽馬の里」を後に再び200円のバスに乗って今夜の宿「やまか旅館」へ
夕食までに、付近を散策して御嶽山を見に行く
ここからは、前の山が御嶽山を遮るのが残念だけれど、とりあえず見えます
f0007956_20124117.jpg

寒暖の差が大きく、この日の朝は氷点下だったそうです。
その気候を利用して、白菜が有名だとか。
夕食は大変おいしくいただきました。お湯も源泉ではないようですが十分いいお湯でした
さらに、夜には満天の星空。
開田高原を満喫です
[PR]
by poppy48 | 2012-10-17 20:33 | お出かけ | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る