タグ:寺 ( 5 ) タグの人気記事

北陸珍道中

23日から1泊で母と北陸旅行に出かけた。
バスツアーでもなく、マイカー旅行でもなく「往復JR+宿泊」の旅です。
自由に動ける、と言えば聞こえがいいのですが、自分で予定を組んで移動しなければいけないので
予想以上に、後悔の繰り返し。
まぁ、これを旅の醍醐味と言うのでしょうか・・・。
そのかわり、福井県の地図は、バッチリ頭に焼きつきました。

宿はあわら温泉で、欲張らずに1日目は東尋坊、2日目は永平寺だけ行くことにしました。
昼前にJR福井駅で下車。東尋坊に行く前に福井城址に立ち寄りました。
城址は、県庁、警察署などの官庁街になっていますが
天守台跡はきれいに整備され、のどかな気分でお堀を眺めることができます
すると、何とも風情のある舟がやってきました
今日は平日だし、特にイベントがあるわけでもなさそうなのに・・・
f0007956_13591699.jpg
f0007956_13592945.jpg

これは昨年復元された「御廊下橋」というものだそうです。
f0007956_13593925.jpg

福井駅で昼食に「おろしそば」を食べる。
器に入った冷たいお蕎麦に出汁と大根おろしがたっぷり入っていて、カツオ節とネギがかかっている。
非常においしく大満足。

さて
「えちぜん鉄道」という昔の路面電車のような電車に乗って終点の「三国港」まで。
観光協会の人に、今日はお天気がいいので是非夕陽を眺めてくださいと言われていたのに
あと少しで東尋坊に着くはずが、
諸事情の由、手前で引き返すことに・・・。
まぁ、いいか。一応海は見れたので。
f0007956_13594986.jpg
f0007956_13595991.jpg

宿は「まつや千千」
言う事なし。お料理も温泉も部屋も最高!
翌日もゆったり出発で、バスを使って永平寺へ。門前でおすまし。
f0007956_1440444.jpg

来た甲斐がありました。
さすがに、立派なお寺です。禅宗のせいでしょうか、質素で豪快な建築は見応えがあります
f0007956_14405777.jpg

これが、良く写真で見る唐門。周りの杉の樹(樹齢700年)の太さに圧倒されます
f0007956_1441832.jpg

70ほどもある伽藍はすべて廊下でつながっているのが大きな特徴で、
観光客は靴袋を手に、順路に従って見学します。写真撮影は可、ですが修行僧を撮るのだけは禁止です。
観光客たちの喧噪のなかでも、粛々と僧たちの修行が行われている不思議な空間です。
f0007956_14413317.jpg

形の美しい「中雀門」
f0007956_14412470.jpg

大晦日に必ず登場する鐘楼。でも、そばに近づくことはできません。
f0007956_14414348.jpg

廊下も階段も柱も磨きこまれていて、美しい。
100人以上の修行僧が厳しい修行の日々を送っているそうですが
こういう世界では、人間関係のゴタゴタなどないのでしょうか?
f0007956_14415424.jpg

見学を終えてから、土産物屋で、今度は「かけそば」をいただきましたが
これも、シンプルなのにとてもおいしい。
どうやら、北陸は食べ物がおいしいようです。
福井から雷鳥に乗って帰路に。
お疲れ様でした~。


[PR]
by poppy48 | 2009-10-25 15:05 | お出かけ | Comments(0)

ハイキング 道場~鏑射寺~光明寺

今年後半のハイキングが始まりました。
まだ暑さ厳しいので、今日は近場のお寺巡りです。
名塩から2つ目の道場で降りて、駅前の大福寺を経て鏑射寺へ向かう。
こんな時期、見るものは何もないだろうと、思っていたら大間違い。
稲が実り、畔道には枝豆、土手には白い星のようなニラの花。
クリ、柿、ザクロも実をつけ、「ホウの実」なんていうものも初めて見ました。
f0007956_2235329.jpg

少し山道に入ると、ガマズミの真っ赤な実、ワレモコウ、クズ、ススキなど秋の気配もたっぷりでした。

今日は日差しは厳しいのですが、湿度が低いのでしょうか、山道は涼しく思ったより快適に歩けました。
そうこうするうちに、鏑射寺に到着
f0007956_2264442.jpg

独鈷山鏑射寺(とっこさんかぶらいじ)
聖徳太子が建立されたそうなので、随分古い寺のようです
f0007956_20441714.jpg


護摩堂
f0007956_2265991.jpg

本堂
f0007956_22204579.jpg

再び山道に戻り、しばらく歩いて展望台に到着
三角にとがった山が有馬富士
f0007956_2223474.jpg

三田市街地方面
f0007956_22235996.jpg

武庫ノ台ゴルフ場の脇を歩いて光明寺へ
f0007956_22241067.jpg

千刈ダムを横切って道場駅に戻る
f0007956_22242539.jpg

畔道の可愛い花を摘んで帰った。名前調査中

「アキカラマツ」でした!
f0007956_22332280.jpg



[PR]
by poppy48 | 2009-09-07 22:33 | | Comments(0)

京都へ

夫が5連休を取っているので、忙しいいそがしい。。。
今日は、時期外れのお墓参りです。
しかし、これくらいの暖かさの時期にお墓の掃除をするのは快適です。
薄曇の京都。今日の大谷本廟はこんな感じです。
f0007956_22203411.jpg

掃除とお参りを済ませてから
三年坂の方面をぶらぶらしました。
久しぶりや!
f0007956_22204492.jpg

舞妓さん発見!
一斉にカメラを向ける観光客。わたしも。
f0007956_22205583.jpg
f0007956_2221432.jpg

「七味家」さんでいつもの七味を買って・・・、
「よーじや」さんでいつものべに花石鹸を買って・・・
後ろ髪を引かれるのですが、「早く帰りたい」と顔に書いてある人が横にいるので
またの機会に。
f0007956_22211321.jpg

[PR]
by poppy48 | 2007-11-26 22:35 | お出かけ | Comments(0)

中山寺

明日からお天気が崩れる、とのことで、急にどこかへ行きたくなり
手軽なお出かけと言えば・・・・
久しぶりに中山寺へ行ってみることにしました。
ダイエーに車を置いて、徒歩7分。
金木犀の香り、秋の花を眺めつつ、細いくねくね道を行きます
f0007956_1603771.jpg

f0007956_16195371.jpg

最近、塗り替えられたのでしょうか
境内が鮮やかになっていました。
人もまばらなので、ゆっくり回ってみましたが、
不思議なことに、混雑していないと意外と境内は狭く感じられました。
さっさと歩けるからでしょうか?
f0007956_1653649.jpg


f0007956_1621031.jpg

次回は清荒神に行ってみよう!
[PR]
by poppy48 | 2007-10-18 16:26 | お出かけ | Comments(2)

京都へ

f0007956_21513188.jpg今日は、母と京都に出かけました。
一つ目の目的は、
相国寺で開かれている「伊藤若冲展」を見ること。
平日の午前中というのに、2時間待ち。
「館内もゆっくり見ることはできません」、というアナウンスを聞いて並ぶことを断念。
帰ってからネットで見ることにしました。
携帯で混雑状況が分かったりするのですね!
知らんかった。
相国寺


次はお墓参り。新緑があまりに美しいので、パチリ。
f0007956_21255829.jpg

次は四条河原町まで歩く道中にある、建仁寺へ。
拝観料を払って中へ入ると、いきなりあまりにも有名な風神雷神の屏風が目に飛び込んできました!
ガラスケースの中ではないので触れそうです。
f0007956_212698.jpg

潮音庭
何百年も経つ廊下の木の足ざわりの良さを感じながら、
庭と建物のすばらしいレイアウトに感嘆し、
さらにどの部屋にもどの部屋にも味わい深い襖絵があり・・・
なんとも贅沢なお寺が、京都の雑踏の中に無造作に存在するのがまぁ不思議なこと。
f0007956_2211114.jpg
f0007956_2214229.jpg

法堂の天井には2002年に描かれたという、「双竜図」があります。
現代的なタッチで迫力があります。
f0007956_22184798.jpg

建仁寺
[PR]
by poppy48 | 2007-05-28 22:20 | お出かけ | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る