タグ:京都 ( 7 ) タグの人気記事

静かな京都、法然院

母と京都に行ってきました。
お昼頃から雨の予報だったので迷いましたが
結果は、ほとんど雨に会うことはなく、暑くも寒くもなく人も少なくて京都日和でした
阪急河原町から32番のバスに乗って法然院へ
f0007956_22235336.jpg

きれいに掃き清められた境内は落ち着きます
f0007956_22234790.jpg

境内はごく小さいのだけど、後ろには深い山を従えている
その環境を利用して「法然院森のセンター」を作って、自然環境と親しむ活動を
すすめているらしい
このお寺の貫主さんは、私より1つ年上なだけ。
多方面で活躍されているように見受けられました。
f0007956_2224085.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-05-10 22:45 | お出かけ | Comments(0)

愛宕山924m(表参道→愛宕神社→水尾)12/8

近所のハイキングクラブで京都の愛宕山へ忘年登山です
6:38a.m.の電車に乗り、阪急嵐山駅前からバスで清滝へ。
猿渡橋からが愛宕神社の表参道で、鳥居をくぐると愛宕神社まで50丁という標識があります。
1丁毎に設置された丁石を目印に、よく整備された参道(登山道)が続きます。
f0007956_11394536.jpg

7人のパーティで無理のないゆっくりペースでどんどん登ります
途中、ガスがかかりますが、それも幻想的で心地良い
f0007956_11392494.jpg

3時間近くかけて、黒門へ到着。
気温4度。すれ違う人たちが本殿には雪が積もってるよ!と教えてくれ
今年初めての雪を楽しみに、もうひと踏ん張り。
f0007956_1139115.jpg

門の中の境内に入っても、これでもか、と言うほど階段が続きます
でも、お天気回復してご機嫌!
f0007956_11383392.jpg

f0007956_11382297.jpg

いよいよ社殿が近付きました。
f0007956_11381152.jpg

建立は8世紀初め。約1300年前で全国に約900社を数える愛宕神社の本社となります
f0007956_1138466.jpg

ようやく、社殿です。この中も、まだまだ広い。
1000m近くある山の上に、よくこんな立派な神社を建てたものです。
ところで愛宕山の三角点は、ここからさらにもう少し行かないといけませんが
今回は、ここまで。
何せ忘年会が控えていますから・・・。
f0007956_11385631.jpg

お参りとお弁当を済ませて、来た道を水尾の分岐まで戻り
水尾集落へ下山します。
ゆずの里で知られる水尾は一面、ゆずが鈴なりの静かな里です
予約してもらっている「丸源」さんに3時ごろ到着し、
柚子風呂で汗を流し、鶏の水たきで忘年会。
いや~おいしかったですね。
f0007956_12193662.jpg

今日も、おやじギャグと、山ガールの笑いに包まれた楽しい山行でした。
みなさん、今年も大変お世話になりました。
[PR]
by poppy48 | 2010-12-09 12:26 | | Comments(0)

ぷらっと京都へ

京都の紅葉もそろそろ終盤にさしかかっていてあせる毎日。
今週で唯一終日予定の入っていない昨日、一人で京都へ出発
右へ行くか左へ行くか・・・電車の中でも悩んだ末、数十年ぶりに北東の方向を選びました

JR京都駅までの昼得きっぷも残っていたので
京都駅からバスを使う事に。ところがバス乗り場はひどい混雑のうえ道路工事のせいで
渋滞がひどいと聞き、市営地下鉄で今出川まで乗り、
同志社大と御所の間の道を東に15分ほど歩いて叡山電鉄の出町柳まで行きました。
賀茂大橋からの眺め。
実はこの景色が今日の一番お気に入りとなりました。
賀茂川と高野川が合流するV字のところです。
反対側には大文字山が見え、色づいた山と清楚な川に囲まれた穏やかな京都の街でした
f0007956_1028035.jpg

叡山電鉄で3駅目の一乗寺で下車。15分ほど歩くと約30年ぶりの詩仙堂です。
京都にしては人出は少なく、庭を眺めながらみなさんくつろいでおられました。
f0007956_1025174.jpg
f0007956_10252434.jpg

30年前に来たときにあまりの紅葉の美しさに胸を打たれ、それ以来ず~っと来たかったところなのですが、あれれ。。。こんなんやったかなぁ。。。
次にさらに15分ほど歩いて曼殊院門跡
ここのお庭も、絵葉書の様。
でも、なんだかなぁ。
f0007956_10254236.jpg
f0007956_10255651.jpg

自分の中の違和感に戸惑いつつ、白川通りに戻って南下するバスに乗る。
どうやら、山に行くようになってから人工的な自然に感動しなくなってしまったようです。
真如堂(天台宗)はどうやろ。ここは数年ぶりです。
お天気があやしくなってきましたが、たくさんの紅葉はまだまだ大丈夫
あまり人気のないお寺なのに、さすがにこの季節は大勢の観光客で賑わっていました
拝観料が要らないのもほっとします
広い境内の裏手の方まで初めて回ってみました。
裏にたくさん紅葉の樹が植わっているのでした!
f0007956_10311086.jpg

f0007956_102679.jpg
f0007956_10261997.jpg

f0007956_10263097.jpg

真如堂の墓地を通り抜けると、金戒光明寺(浄土宗)の墓地につながっています。
幕末に散った会津藩士の墓、鳥羽伏見の戦いで亡くなった人たちの慰霊碑などに
参り、三重塔に至る。
f0007956_10302527.jpg

そして、阿弥陀堂は、わぁ、ここも人がいっぱい
前に来た時は人っ子ひとりいなかったのに・・・。
どうやら、JR東海が「そうだ京都、行こう。」というキャンペーンで取り上げているようです。
f0007956_1026413.jpg
f0007956_10265235.jpg

門の前の交番はやさしそうなお巡りさんが道案内で大忙し。
私も四条河原町に行くバス停を教えてもらって、帰路に。
駆け足で、北から南へ通り抜けましたが、結構おもしろかった!また、行こ!
[PR]
by poppy48 | 2010-11-30 10:56 | 紅葉 | Comments(0)

世のなか 安穏なれ

大谷本廟で
「親鸞聖人 750回大遠忌 法要」に参列してきました。
平成24年1月16日は親鸞聖人750回忌ですが、それに先駆けて
大谷本廟で大遠忌が行われています
f0007956_23525734.jpg

白州一面に張られたテントの下に集まった参列者は2000人以上とのこと。
荘厳な雅楽の中、大勢の僧侶が入場します
f0007956_23532227.jpg
f0007956_23533371.jpg

ご門主さま
「浄土真宗は、あらゆる人々が、阿弥陀如来の本願力によって、往生成仏し
この世に還って迷えるものを救うために働くという教えです」
・・・知りませんでした・・・・
f0007956_23534683.jpg

法要に続いて、ご門主さまのお言葉
「この世が善人だけになったとしたら、善人以外のものを排除したことになります。
そうではなく、すべてのものを引き受けねばなりません」
f0007956_23535771.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-10-13 00:17 | お出かけ | Comments(0)

京都一周トレイル8

紅葉も終わり、曇り空の京都へ昨日行ってきました。
紅葉の季節で晴天だったら、どんなにいい所でしょう!と、つくづく思うコースでした・・・。
(でも実際そのjころは、観光客があふれて車も進めないそうですが。)
京都一周トレイルとは→ここをクリック
清滝~嵐山~松尾山~西芳寺というコースです
寒々しい清滝の金鈴橋からスタートです。
f0007956_2204040.jpg

渓流沿いをずっと、桂川に合流する所まで歩きます。
水はきれいですが、秘境という感じではない。たくさん人が訪れる場所なのでしょう。
f0007956_221268.jpg

断崖絶壁の上から、今日のメンバーと。
集合場所に着くまで参加者が誰か分からないのですが
たいてい誰かは前どこかで一緒だった方ですし、初対面でもすぐ仲良くなれます。
f0007956_2211588.jpg

嵐山界隈を通り抜けます。
f0007956_2212620.jpg

愛宕念仏時(あたぎねんぶつじ)という、誰もいったことのないお寺に立ち寄ってみることにしました。
1200体の石像があるのですが、これは参拝者が作ったもので、ごく最近のモノです。
こういう顔は私の好みではない・・・・・。普通の念仏寺に行けばよかった・・・・。
f0007956_2239695.jpg

立ち並ぶお店の誘惑を振り切って、コースを進みます。
雨が降ってきたので、おしゃれな竹林の中もこんな姿です。
f0007956_22353829.jpg

華やかな渡月橋も大急ぎで渡りました。
f0007956_2236616.jpg

さて、ここからがようやく山にはいります。
松尾大社の裏の松尾山(223m)の頂上まで登って降りてきた所が西芳寺。
薄暗くなってきたので写真はありません。
これで今日のコースは完走です!
帰りのバスの中で、嵐山のライトアップを見ました。
大勢の人でごった返していたのでびっくりです。
嵐山は高校2年の遠足以来30ン年ぶり。
こんな所はミ~ハ~の行く所という偏見を持っていたのですが
偏見を捨てて、春か秋には一度ゆっくり遊びに来て見たいと思いました。
[PR]
by poppy48 | 2008-12-22 22:46 | | Comments(0)

京都へ

夫が5連休を取っているので、忙しいいそがしい。。。
今日は、時期外れのお墓参りです。
しかし、これくらいの暖かさの時期にお墓の掃除をするのは快適です。
薄曇の京都。今日の大谷本廟はこんな感じです。
f0007956_22203411.jpg

掃除とお参りを済ませてから
三年坂の方面をぶらぶらしました。
久しぶりや!
f0007956_22204492.jpg

舞妓さん発見!
一斉にカメラを向ける観光客。わたしも。
f0007956_22205583.jpg
f0007956_2221432.jpg

「七味家」さんでいつもの七味を買って・・・、
「よーじや」さんでいつものべに花石鹸を買って・・・
後ろ髪を引かれるのですが、「早く帰りたい」と顔に書いてある人が横にいるので
またの機会に。
f0007956_22211321.jpg

[PR]
by poppy48 | 2007-11-26 22:35 | お出かけ | Comments(0)

京都へ

f0007956_21513188.jpg今日は、母と京都に出かけました。
一つ目の目的は、
相国寺で開かれている「伊藤若冲展」を見ること。
平日の午前中というのに、2時間待ち。
「館内もゆっくり見ることはできません」、というアナウンスを聞いて並ぶことを断念。
帰ってからネットで見ることにしました。
携帯で混雑状況が分かったりするのですね!
知らんかった。
相国寺


次はお墓参り。新緑があまりに美しいので、パチリ。
f0007956_21255829.jpg

次は四条河原町まで歩く道中にある、建仁寺へ。
拝観料を払って中へ入ると、いきなりあまりにも有名な風神雷神の屏風が目に飛び込んできました!
ガラスケースの中ではないので触れそうです。
f0007956_212698.jpg

潮音庭
何百年も経つ廊下の木の足ざわりの良さを感じながら、
庭と建物のすばらしいレイアウトに感嘆し、
さらにどの部屋にもどの部屋にも味わい深い襖絵があり・・・
なんとも贅沢なお寺が、京都の雑踏の中に無造作に存在するのがまぁ不思議なこと。
f0007956_2211114.jpg
f0007956_2214229.jpg

法堂の天井には2002年に描かれたという、「双竜図」があります。
現代的なタッチで迫力があります。
f0007956_22184798.jpg

建仁寺
[PR]
by poppy48 | 2007-05-28 22:20 | お出かけ | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る