<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

金糞岳(1,317m)~白倉岳 5/23

文句なしの五月晴れの日、滋賀県で2番目の高さの金糞岳を歩いてきました
滋賀県と岐阜県の県境です
名神が工事中で渋滞がひどいとの事で、湖西道路を北上するルートで木之本町へ
それでも2時間半かかりました
10:30 「連状口」登山口出発
新緑の気持ちの良い山道を進む
f0007956_21533571.jpg

ブナの森を抜けると金糞岳が見えてきた
日差しは強いけど、湿度が低いので快適
チゴユリやサンカヨウなどの山野草を楽しみながら頂上目指す
f0007956_21532986.jpg

展望のいい頂上を過ぎてもう一息、白倉岳まで行ってしまうことになった
白倉岳の方がゴツゴツした姿たかなぁ
ミツバツツジ、ムラサキヤシオなどのツツジ類も花盛り
f0007956_2153222.jpg

伊吹山が近い。採掘された切り口がパックリ。
伊吹山の北西の位置になります
f0007956_21534397.jpg

同じ道を戻ってきたら、当たり前だけどガイドさんの車がおとなしく待っていてくれました
f0007956_21535599.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-05-24 21:53 | | Comments(0)

神戸市立植物園

昨日とは打って変わっての五月晴れ
神戸市立植物園の自然観察会に参加してきました
毎月1回開かれますが、先月はまだ芽吹きの時期でした。
小さな花芽、葉芽、混芽の中に
たくさんの物が詰まっている話を聞きましたが、今月はそれが爆発して、大きく育っていました。
f0007956_1325860.jpg
f0007956_133390.jpg

ツツジ類、シャクナゲ類が満開(散り始め)でそれを目当てのお客さんもたくさんです
f0007956_133815.jpg

f0007956_1331422.jpg

ホウの花。
ホウの葉っぱとトチの葉っぱは大きさも形もそっくりなのですが
ホウはひとつひとつが1枚の葉っぱ、トチは根元がつながった、ヤツデのような葉っぱだと習いました
f0007956_1332069.jpg

珍しいところではハンカチノキが満開
木の枝に白いハンカチを無造作にひっかけたような、奇妙な花ですが
紫外線をよけるための工夫だそうな
f0007956_13215156.jpg

植物の葉っぱがなぜ緑色なのか?という疑問をはじめ
花の色、形、花のつき方、咲く時期・・・全てが種の保存のための必死の工夫の積み重ね
生き物は植物も昆虫もみんな生きるために精一杯の試行錯誤をしなくてはいけないのです。
[PR]
by poppy48 | 2013-05-13 13:25 | 植物 | Comments(0)

静かな京都、法然院

母と京都に行ってきました。
お昼頃から雨の予報だったので迷いましたが
結果は、ほとんど雨に会うことはなく、暑くも寒くもなく人も少なくて京都日和でした
阪急河原町から32番のバスに乗って法然院へ
f0007956_22235336.jpg

きれいに掃き清められた境内は落ち着きます
f0007956_22234790.jpg

境内はごく小さいのだけど、後ろには深い山を従えている
その環境を利用して「法然院森のセンター」を作って、自然環境と親しむ活動を
すすめているらしい
このお寺の貫主さんは、私より1つ年上なだけ。
多方面で活躍されているように見受けられました。
f0007956_2224085.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-05-10 22:45 | お出かけ | Comments(0)

六甲山横断 有馬~岡本 5/8

五月晴れの昨日、近所の山トモと六甲山に出かけました
8:30 JR西宮名塩駅集合、バスで有馬温泉へ
9:30 かんぽの宿の近くの「魚屋道(ととやみち)」登山口からスタート
有馬からの登山道で一番歩きやすい道です
有馬三山を右手に見ながら木陰の緩やかな道を登る

11:20 山頂でランチ
歩いていると汗もかくが、じっと座って食事していると寒いくらい
満腹になったところで、表六甲を下る。
予期せず山頂付近では、コバノミツバツツジがまだ花盛り
f0007956_7303167.jpg

モデルは私ではありません(念のため)
f0007956_7301647.jpg

芦屋カンツリーゴルフを横切って進み、横池を見学
新緑にまじって桜もまだ残っています
f0007956_730283.jpg

池の縁の黒い塊はなに?と近づくとオタマジャクシの大群
どんなカエルになるかな?
f0007956_749152.jpg

どんどん下り、私の好きな風吹岩からは阪神間の街並みと瀬戸内海がよく見えた!
f0007956_7582329.jpg

これは荒地山。表六甲はやっぱり明るい。
でも、これからは暑さ厳しく、あんまり来たくない場所になりますね。
f0007956_7304488.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-05-09 07:59 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る