<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

六甲山へお散歩

延び延びになっていた六甲山行き。
本日、決行です。
阪急芦屋川駅からバスでおたふく山登山口へ。
その昔、学校の遠足で来たような気がする。東おたふく山へは30分くらいで着いた。
たぶん今朝冷え込んだのか、雪がところどころ残っていてうれしい。

おたふく山から見た六甲山山頂。山肌が木々の新芽のせいでビロードみたいになっています。
f0007956_1856954.jpg

辺りを見渡しながらゆっくり歩いて、風吹岩へ。
奈良の山々、大阪のビル街、阪神間の街や埋め立て地、神戸空港、淡路島
岩のてっぺんでお弁当を広げながら、景色を満喫
山からすぐ海が見えるのが六甲山のいいところ。
f0007956_18512522.jpg

平日というのに、老若男女、人が増えてきたので岩のてっぺんの場所を明け渡して次の地へ
f0007956_18513343.jpg

金鳥山を経て、海を眺めながらのどかな山道を下って、下って・・・
タチツボスミレの群生、ヒサカキの独特の香り、春がやってきました
f0007956_1852344.jpg

保久良神社に到着。カワラヒワの撮影成功!よく太ってます。
f0007956_18515090.jpg

とても端正な神社で、境内の枝垂れ梅はまだまだこれからです。
f0007956_18515796.jpg

f0007956_1852992.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-03-21 19:12 | | Comments(0)

武奈ヶ嶽へ 3/1

やまやさんのツアーで湖北の武奈ヶ嶽スノートレックに行ってきました
2月末、寒かったり暖かったりの不安定なお天気、それに当日は昼前から雨の予報。
「青空に真っ白な樹氷」という夢の風景を目にするのは諦め、雨の降り出しが遅れることを祈る

7:20 JR山科駅集合
車で拾ってもらって、琵琶湖西岸の161号線を北上
雪深いはずの高島も、今日は溶けてる~
近江今津で303号線に入り、石田川のもう少し先の登山口に向かう
車窓から武奈ヶ嶽が見えてきました(写真の左端)
f0007956_20494522.jpg

道路から唐突に登山道が始まる。 9:30
中途半端に雪の残った杉林の急登で、歩きにくい事この上なし!
1時間ほど登り、杉林がブナ林に替わってきたころに、周りの景色も見え始める
若狭湾にきれいな三角錐の青葉山が見え、嬉しくなる。
反対側には琵琶湖も見える。
f0007956_20495571.jpg

しかし、とにかく溶けかけの雪が重くて重くて。「腐った雪」と言うらしいけど・・・まいった。
f0007956_20501240.jpg

f0007956_20503416.jpg

13:00までに山頂に着けなければ、元来た道を戻るということになり
皆さん頑張るが、私の歩みはノロノロノロ・・・
向かい風も強く、ヨロヨロヨロヨロ・・・
目の前に横たわるイカツイ武奈ヶ嶽。あの上まで行かなくては。
今、登ってきた道を下るのは絶対イヤだ、
f0007956_20504486.jpg

着きました!12:45 セーフ!
なぜ、ここが山頂か?周囲にここより高い所がないから?
本来あるはずの看板などは全て雪の下なのでした。
積雪は2m近くあるんでしょう。
Yガイドがスコップで上手に雪のイスとテーブルを作ってくれて
平和にお昼ご飯をいただくこともできました
これからのコースは予定通り、向かい側の尾根を下ります
それもそれなりに、難しい道のりやったけど・・・・。
f0007956_20505526.jpg

向こうの方の白く長い尾根は三十三間山
f0007956_2230583.jpg

下山30分前くらいから雨が降りだし、気温の高さを実感する
16:00 無事下山
[PR]
by poppy48 | 2013-03-03 21:08 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る