<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

木曽旅行2日目。御嶽山から見る。10月16日

昨夜、夜中の3時ごろに目が覚めて窓から空を見ると
空が白く思えるほどの満天の星空。
今日もきっと、いい天気だと信じて再びうとうと・・・・
6時起床で外に出てみました。
早朝の御嶽山
ふもとにかかる霧と赤く染まる山頂。このイモムシのような山頂の形が特徴です
f0007956_2043124.jpg
f0007956_20433011.jpg

開田高原で2日間過ごすつもりでしたが、あまりに好天なので思い切って
御嶽山のロープウェイに乗ってみることに予定変更。
6人乗りのゴンドラに約15分乗って、7合目(2,150m)に向かいます
f0007956_20431563.jpg

高度があがるにつれて、北アルプス、中央アルプスが一望に!
乗鞍だ!あまり好きではなかったけれど、なかなかスマートできれいではないですか!!
その右の方には、穂高がくっきり。もう少し三角の山は常念です。
f0007956_20434081.jpg

f0007956_21212799.jpg

終点から見る御嶽山の山頂
私があそこに立ったのは、山を始めた頃、8年前の夏
台風の影響で、始めから終わりまで雨という悲しい登山でした
f0007956_20435560.jpg

東の方には、八ヶ岳、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、甲斐駒ケ岳・・・・・、すごい展望や!
f0007956_20435247.jpg

f0007956_21195288.jpg

御嶽社にお参りも済ませ、充実した2日間の木曽旅行を終えました
f0007956_2044931.jpg

[PR]
by poppy48 | 2012-10-19 21:23 | | Comments(0)

10月15日木曽旅行1日目。御嶽山を見る。

8:59 大阪駅発の特急しなの(大阪発は1日1本のみですが始発駅なので自由席OK)
12:24 木曽福島駅下車。降りる人はほんの数名です。
宿場風のすっきりしたデザインの駅舎の前で開田高原行のバスを待ちます
「木曽町生活交通システム」のおかげでバスはどこまで乗っても200円です。
高齢化の波に襲われている町の活性化に役立つ、良いアイディアだと思いますが
私たちの乗ったバスの同乗者は4~5人。地方はやっぱり大変や!
f0007956_2011458.jpg

一つ目の目的地、木曽馬の里で下車。
いいお天気です!
午後になって逆光で霞んでいるようですが、午前中はもっとくっきりしていたそうです
御嶽山の雄姿に正面から対峙する、ここは御嶽山の最高のビューポイントなのです。
f0007956_20134124.jpg

開田高原は標高1,000m。
まぶしい日差しが降り注ぎ、爽やかな風が吹き気持ち良い。
f0007956_20114511.jpg

ブルーベリーの木が紅葉し、稲わらの△が面白い
f0007956_2012301.jpg

f0007956_20121896.jpg

芝生の中に形の良いコナラや名前の知らない樹、どちらも樹形が良い
f0007956_20122468.jpg

f0007956_20121115.jpg

いた!いた!木曽馬たち
f0007956_20113156.jpg

f0007956_20112544.jpg

がっちりした、たくましい馬ですが、今は観光用に保存されているのみだそうです
f0007956_20113956.jpg

想像以上に良かった「木曽馬の里」を後に再び200円のバスに乗って今夜の宿「やまか旅館」へ
夕食までに、付近を散策して御嶽山を見に行く
ここからは、前の山が御嶽山を遮るのが残念だけれど、とりあえず見えます
f0007956_20124117.jpg

寒暖の差が大きく、この日の朝は氷点下だったそうです。
その気候を利用して、白菜が有名だとか。
夕食は大変おいしくいただきました。お湯も源泉ではないようですが十分いいお湯でした
さらに、夜には満天の星空。
開田高原を満喫です
[PR]
by poppy48 | 2012-10-17 20:33 | お出かけ | Comments(0)

雪彦山(大天井岳884m)へ 10/9 

"この峰の高くあらねど嶮しきを賞でてひたよず男の子にしあれば"  藤木 九三

姫路にある雪彦山に行ってきました。
さまざまな岩のある、クライミングのメッカの山です
登山口から急登をしばらく行くと、有名な雄姿が見えてきました
左の一番高いのが大天井岳、その右が不行岳、三峰岳となります
クライミングの方はもちろんこの岩山の正面壁を登るのですが
我々は登山道を通って、大天井岳のてっぺんまで行きます
f0007956_21351125.jpg

有名な出雲岩
クライミングのトレーニング、それもオーバーハングのための楔がたくさん打ちつけられていました
f0007956_213617.jpg

私たちが登るのはせいぜいこんな程度の岩です
f0007956_21351719.jpg

何度も鎖場を通って、大天井岳の山頂へ到着
雪彦山の三角点は、まだしばらく歩いた先ですが、ルートの関係で
今日はここで地蔵岳の方へ分岐します
お天気に恵まれました。
南の方向です。海まで見渡せます
この景色を見ながら、さわやかな秋風を感じながらランチタイム。
f0007956_21352413.jpg

f0007956_21413861.jpg

セリ岩。つっかえたら恥ずかしいわぁ、など言いながらなんとか通過。
f0007956_21353660.jpg

今日の集大成の岩登りを果たして地蔵岳山頂へ到着
ここの眺めはさらに素晴らしかった!
f0007956_21354751.jpg

さっき登った大天井岳に太陽が沈みます
ずっとここにいたい気分です。
f0007956_2281638.jpg

f0007956_2212095.jpg

f0007956_21355294.jpg

下山後は雪彦温泉で汗を流してお疲れ様~
[PR]
by poppy48 | 2012-10-11 21:50 | | Comments(0)

福知山線・廃線跡

朝夕は寒いくらいになりましたが、昼間はまだまだ夏の日差し。

この前の日曜日にAさんとお花見メインのウォーキングを約束していましたが
台風で、順延。
今日朝から行ってきました。
実は今の季節、廃線跡の草むらは野草がいっぱい花を付けています
どうやら、植生が豊かな地域らしく、そう言えば武田尾駅周辺は交通の便も良いので
よく、観察会が開かれています
私たちは、東山台から清瀬経由で廃線跡に入り、武田尾に向かって北上しました

今日の武庫川渓谷は水量が十分で、迫力いっぱい。
f0007956_2051566.jpg

f0007956_20522080.jpg

f0007956_20514545.jpg

f0007956_211308.jpg

植物図鑑持参で、今まで気になっていた花の名前を調べます
早速、足元にいっぱい咲いているゲンノショウコ
花はかわいいのですが、横に映っている種が熟すクルクルと面白い形になるそうで、
また後日の楽しみです
f0007956_214823.jpg

私の大好きなノブドウ。よく似たものにヤマブドウ、エビヅルがありますが
色のきれいなのはやっぱりノブドウ。
f0007956_2172184.jpg

まだまだ時間が足りません。
秋の花盛りの間に、また行きましょう!
[PR]
by poppy48 | 2012-10-02 21:17 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る