<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

台風直前

8月も今日でお終い。
週末に地域のお祭りを終えて、この2~3日ぼーっとしていたのですが
久しぶりに朝の散歩でもするかと、今朝は5時半に起きて外に出てみました
さすがに、少し薄暗くなっていますが涼しくて静かで良い気分です
秋の気配漂う空とは言え、やはり台風が近付いているせいか少し不穏な感じです
f0007956_15132344.jpg

f0007956_15133859.jpg

朝陽に輝く裏六甲・・・ですが、これもすぐに曇ってしまいました
f0007956_15134760.jpg

この時間にも、歩いている住民の皆さんはたくさんいます
知り合いに、1、2、3、4、5人も出会いました。
みんな頑張っていますねぇ。

今年、随分このユリを目にします。
国道沿いの崖にも一面に咲いていますし、我が家の庭にも数本出ています
「鉄砲ユリ」だと思っていたら、日本産の「鉄砲ユリ」の開花は6月
今頃咲くのは、台湾産の「高砂ユリ」だそうです
f0007956_15135812.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-08-31 15:27 | | Comments(0)

お盆

夏草や つわものどもが 夢のあと

最近の被災地の映像を見ると、この句を思い出します
その土地にあったはずの人間の営みも思いも、そんな事は全くお構いなしに
草が元気に伸びていきます
かなわないなぁ。

庭の草木たちが暑さに疲れきっている中で
水を得た魚のように元気なのが、ゴーヤ。
伸びすぎた先っちょを切り取って水に挿しただけなのに
こんなシャレた姿で目を楽しませてくれています
かなわないなぁ
f0007956_832648.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-08-15 08:10 | 植物 | Comments(0)

薬師岳と雲ノ平 8/1~8/4 No.2

8/3 5時に小屋を出発して雲ノ平を目指します。
今日は晴れそう!
しかし・・・昨日見たのです。台形の山を。
「あの上が雲ノ平だよ」と教えてもらったのですが、
「ゲゲ、ひょっとしてあの台形の斜面を直登するのでは・・・・」
予想的中で、小屋の前のつり橋を渡ってすぐに岩がちの急坂が始まりました。
2時間ほど急坂が続いたでしょうか。
ついに台形の上底に辿り着いたようです。
あとは木道を歩いて雲ノ平を満喫するのみ!
最初のアラスカ庭園からは黒部五郎岳が正面に見えます
f0007956_19453077.jpg

振り返れば薬師岳が見えるが頭の雲が離れない。
f0007956_19454265.jpg

これも薬師岳の全景だと思うのですが・・・ちょっと不明
f0007956_19455591.jpg

鷲羽岳かな?
f0007956_2038291.jpg

祖母岳と木道の1本道。こんななだらかな風景が標高2,500mの場所とは思えません。
f0007956_1946813.jpg

祖母岳の上はアルプス庭園
真っ青な空と高山植物のお花畑は天国の様
f0007956_19463353.jpg

青空が似合うチングルマの花
f0007956_20321347.jpg

祖母岳山頂のベンチから展望を満喫する人たち
f0007956_20323846.jpg

頂上からは赤牛岳と雲ノ平山荘がよく見えます
f0007956_20322463.jpg

雲ノ平山荘は1年前に建て替えられたとても素敵な山小屋です
泊まってみたいなぁ。ここの夜空はどんなでしょう。
でも我々はトイレ休憩だけで後ろ髪をひかれながらUターン。
f0007956_20385412.jpg

帰り道で見つけたギンリョウソウ(銀竜草)
f0007956_20391065.jpg

鎖場の崖に生えていた大文字草。
f0007956_20392549.jpg

15時ごろには小屋に戻ったのですが、お風呂はないし洗面所も狭いし・・・
そうだ!
小屋の横を流れる薬師川に行って手と足と顔洗って、う~気持ちいい!
恐ろしく冷たくてきれいな川。黒部川の上流になります。
f0007956_2114522.jpg

8/4
5時に小屋を出発して帰路に着きます。と言っても長いよ~
f0007956_20475788.jpg

朝露に輝くチングルマ
f0007956_20481237.jpg

f0007956_2112437.jpg

3時間歩いて、懐かしの太郎平小屋が再び見えてきました
ここから、さらに4時間歩くと予約しているタクシーが待っているはず。
全員無事に元気に旅を終える事が出来てバンザイ!
f0007956_20482338.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-08-06 19:47 | | Comments(4)

薬師岳と雲ノ平 8/1~8/4 No.1

この夏のメインイベントが始まりました
8/1 7:09大阪発のサンダーバードに乗って10:22に富山駅着
タクシーで折立登山口に着いたのがお昼過ぎ。
そこから、イザ出発。
ここは標高1,356m。ここから1,000mの高さを登るのです。
お天気は曇り。雨が降らなければいいのですが・・・。
f0007956_1862445.jpg

1,871mの三角点まで2時間は結構な急登。
その後は傾斜は緩やかになりますが、木道や歩きにくい石畳の道が延々続きます
f0007956_18284175.jpg

雨も降ったり止んだり、ひたすら歩くこと約3時間
薬師岳が姿を現わしました。
明日はあの山頂に立つんだ!
薄暗くなり始めた6時ごろに標高2,330mにある太郎平小屋に到着。
小屋はかなりの混雑。夕飯を食べて、体を拭いて、明日の用意をして、大忙しです
f0007956_1863981.jpg

8/2。5:30に太郎平小屋を出発。
右の山は太郎平から連なる北の俣岳、その向こうに黒部五郎岳が見えています
f0007956_18323591.jpg

樹林帯を抜けると
見晴らしが良くなってきます
お天気も良くなって、富山の街から日本海まで見えます
f0007956_187555.jpg

f0007956_1872199.jpg

さらに登ると高山植物も減り、ハイマツとゴロゴロの岩場
f0007956_1865462.jpg

頂上の祠が見えてきました
9:00。登頂!2,926m。
お天気が良ければ槍が岳まで見えるはずですが、むりむり。
f0007956_1844522.jpg

30分ほどティータイムを満喫して、下山。同じ道を戻ります。
リニューアル1周年の薬師岳小屋。
残念ながら私たちはトイレ休憩のみ。300円は高いなぁ。来る時も立ち寄ったのに。
f0007956_18503172.jpg

ちょうどお昼に太郎平小屋に戻って、お昼ご飯を食べると
今日の宿、薬師沢小屋に向かって出発です。
ハクサンフウロ
f0007956_18523699.jpg

ヨツバシオガマ
f0007956_18525025.jpg

15:30。薬師沢小屋着。あ~長かった。足ぱんぱん。
f0007956_1853398.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-08-06 19:04 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る