<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鈴鹿・入道ヶ岳(906.1m)へ 4/20

待ちに待った4月の鈴鹿!
去年、竜ヶ岳に行った感動が忘れられず今年は入道ヶ岳へ行く機会を得ました
あまり一般的でない宮妻峡から東尾根を登り、
頂上からはイワクラ尾根を歩き水沢峠から宮妻峡に戻る周回コースです
参加者5名+ガイドさん、お天気は雨のち曇りのち晴れ

まずは、ガイドさんイチオシの宮妻峡沿いのヤマザクラの風景
時期はバッチリ。
写真もいいけど、写生できたらいいでしょうね。
雨にかすんでいるのが少し残念ですが、充分です
f0007956_15465575.jpg
f0007956_155239100.jpg

キャンプ場の駐車場で準備して9:45出発
鈴鹿の山は台形なのが多く、登り始めは急登です。
小雨で足元が泥んこなので、滑らないように気をつけます
f0007956_15525265.jpg

急登が一段落すると晴れ間も出てきました。
よし!
中腹は真っ黄色。
黒文字(クロモジ)と壇香梅(ダンコウバイ)
どちらも大好きなクスノキ科の樹ですが、こんな大きな樹になるとは知らんかった。
向こうに見えるのは雲母峰(キララ峰)
名前が可愛らし過ぎます。
f0007956_15532268.jpg

黄色い樹林帯が終わって尾根に出ると、今度は一面アセビ。
これも大木になったアセビに一面花だらけです。
土質によって、真っ白なもの、黄色っぽいもの、赤っぽいものなどあります
ところが尾根は、恐ろしい強風が吹き荒れています
f0007956_15534432.jpg

f0007956_15533439.jpg

アセビの樹の下で休憩をとりつつ頂上までもう一息
まさしく入道の頭のような頂上には、鳥居と人影が見える。
左には伊勢湾が広がります
f0007956_1618204.jpg

振り返ると、キララ峰が柔らかな春色の姿をよく見せてくれています
憧れの鎌ヶ岳には雲がかかって一度も姿を見れなかった
f0007956_16253569.jpg

頂上に着きましたが、強風で立ってられない!
誰かに突き飛ばされているようです
鳥居にしがみついている山ガールたち。
そして、この先の予定していたイワクラ尾根歩きは断念することに決定
f0007956_15541149.jpg

荒れ狂った尾根の風が嘘のように、コース変更して降りてきた林道は穏やか。
ヤブツバキのレッドカーペットができています
f0007956_15542953.jpg

ヤマザクラを愛でつ、お喋りにも花を咲かせられるのは林道歩きの妙味
f0007956_16312967.jpg

眼下には四日市の街、伊勢湾の向こうには知多半島、渥美半島まで見えています
f0007956_15544022.jpg

予定より早く下山できたので、湯の山温泉でゆっくり。
源泉かけ流しの「片山温泉」はとてもいいお湯でした!
[PR]
by poppy48 | 2011-04-21 16:41 | | Comments(0)

名残のさくら

街の北側にある森の入口の桜
f0007956_875346.jpg

入口からドン尻川を少し下ったあたりの桜
f0007956_843428.jpg

外周道路沿いの桜
f0007956_842543.jpg

どれも、花弁のピンク色と新しい葉の黄緑色とおしべの赤色が混ざって微妙な色合いです
でも、枯れた色ではありませんね
そこが桜の素晴らしい所
[PR]
by poppy48 | 2011-04-19 08:10 | さくら | Comments(0)

丹波竜の里へ 4/13

本日の定例ハイキングは丹波竜の発掘現場のある丹波市上久下(かみくげ)。
参加者は9人。今日は山には登らずお花見がメインで気楽(なので参加者が多い?)です。

JR福知山線の下滝駅下車
風光明美な篠山川のほとりで恐竜の骨が発掘されているようです
f0007956_2059897.jpg

発掘現場に近付くと、恐竜の足跡が、点々と・・・
f0007956_20592211.jpg

発見されたのは大型草食恐竜ティタノサウルスで国内最大級だそうです。
体の一部の骨からどうやって全体の姿がわかるのでしょうか??
私は恐竜よりは、豪快な流れの篠山川と川代渓谷の方に惹かれました
f0007956_20594210.jpg

真っ白な車体に赤いラインの入った特急コウノトリが渓谷に映えます
f0007956_20595722.jpg

きれいだ!
f0007956_2101061.jpg

川代公園では、平日なのにお花見客が結構います
f0007956_2103261.jpg

カルガモの行列みたいに隊列を組んで歩いていますね
川に沿って約10km歩きJR丹波大山駅から帰路に。
歩きながら摘んだワラビを夕食においしくいただきました。
f0007956_2102218.jpg

ハイキングと言うと、たいてい田舎に行くのですが
どこに行っても、気持ちのいい美しい場所ばかりなのに
ほとんど人に出会いません。
町起こしで整えられたような施設はあるものの、人はどこへ・・・と言う感じがします
田園や山林で人が働いて充分生活ができるようになればいいのに、と思うのです
[PR]
by poppy48 | 2011-04-13 21:33 | | Comments(0)

地震ばっかりや!

今日は快晴。
今季の桜風景の最高潮と思われます!
撮影は、外周道路と言われる街の外側のバス通りですが
駅から読売ゴルフへの分岐点まで5kmくらいに渡って桜並木が続きます
人も車もまだまだ少なくて、街の住人がこの景色を独占状態です
f0007956_14363291.jpg
f0007956_14364462.jpg
f0007956_14365645.jpg
f0007956_1437959.jpg
f0007956_14372187.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-04-12 14:39 | さくら | Comments(3)

春の賑わい

「選挙」と「桜」と「日曜日」で街が賑わっています
昨日の午後辺りから一気に満開になりました。
f0007956_21404557.jpg
f0007956_21405943.jpg
f0007956_21423693.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-04-10 21:48 | さくら | Comments(0)

丹波清住のカタクリ 4/8

昨夜東北地方では、余震と言うにはあまりにも強い震度6
今のところ平穏に暮らしている関西の人間が、春を満喫するのはいささか心苦しかったので
今日の雨はあまり恨めしく思わないことにしました
f0007956_22293273.jpg

ミステリアスさを前面に押し出して有名になっている達身寺
f0007956_22122927.jpg

仏像たちは怖い怖い・・・
f0007956_2237106.jpg

このツアーに参加した1番の目的はカタクリを見ることなのです
なぜか、「カタクリ」「群生」という言葉に弱い私です
でもここには、「カタクリの群生地」と名乗るにふさわしいくらいの
無数のカタクリが花を持っていました。
f0007956_17425053.jpg

f0007956_2243576.jpg

ただ、太陽の光がないと開かないんだ
申し訳なさそうに、ところどころ開き加減なのもあるのですが
後ろにそっくり返って、初めてカタクリなのです。
f0007956_22432217.jpg

1つ2つ咲いているのを見たことはありますが
「群生」は初めて。
思ったより大きく葉はグロテスクだし、
全体の印象はガッチリした力強い植物でした。
スミレのような可憐さはない!
f0007956_2211391.jpg

今回の旅は母のお供で「ジパング倶楽部」の現地集合型ツアー
JR柏原で解散の後、電車が来るまで1時間半くらい駅で待つことになり
参りました。
丹波へは車で来たいものです。面白そうなところがたくさんあります。
昨日教えてもらったのは
向山のヒカゲツツジ、三尾山のクリンソウ。何だか素敵です。
[PR]
by poppy48 | 2011-04-08 22:13 | お出かけ | Comments(0)

思わぬ影響

ここに住んで11年。
台所のガスコンロの一つの口が点火に苦労するようになってきた。
掃除の仕方が悪いのか・・・
何度も何度もカチカチとひねらないとつかない。
そこで、思い切って新しいものを物色した
電気店をハシゴしたり、ネットで探したり、
電気不足の世の中にIHより、ガスを選ぶべきかなど、とかいろいろ考えた挙句
ようやくM電化でM菱のIHを買う事に決定。
ところが・・・工事日の連絡を待っていると、実は部品メーカーが東北にあって
製造がストップしてるんですって!
入荷はいつになるか約束できません、との事。
いいですいいです。
今のガスコンロも後の2つの口は使えるので、気長に待ちます。
東北の皆さん、ゆっくりじっくり復興して下さ~い。
f0007956_2324882.jpg
f0007956_23242127.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-04-04 23:36 | さくら | Comments(0)

4月、桜はじけ始める

神戸の震災から16年。
この街は当時、有志が知恵を絞って安心安全な街を目指して自治組織を構築し、
以来活発な地域活動を展開してきました
ところが、その活動を継ぐ次世代がどうもうまく育たず
目に見えて組織が弱ってきています
古い世代に問題があるのか、若い世代に問題があるのか。

今回の震災を見ると、やはり一番小さな身の回りの組織は重要だと思うのです。
この災害を機に、ちょっと考え方を変えてほしいのです。
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

f0007956_816442.jpg
f0007956_8161351.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-04-02 08:31 | さくら | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る