<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日のさくら

日曜日の竜ヶ岳の筋肉痛がまだ残っているのですが
今日は朝から良いお天気なので、散歩に出発。実は久しぶり。
歩いたからとて、体重減るわけじゃなし、時々スランプに陥ります
リュウがいる時は、理屈抜きで散歩しないといけなかったのですが・・・。

私のお気に入りの御衣黄さくらと3丁目の八重ざくらは
まだ日が当っていなかったので、撮影断念
f0007956_10273753.jpg

名残のソメイヨシノ
f0007956_10274797.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-04-28 10:34 | さくら | Comments(0)

宇賀渓から竜ヶ岳(1099.6m)へ

昨日4月25日(日)鈴鹿山系、竜ヶ岳へ行ってきました。
ガイドのYさん+4人の乙女です
京都駅7:30集合ののちYさんの車で新名神鈴鹿ICへ約1時間
コンビニで必要な買い物を済ませて、宇賀渓の駐車場に車を置いて、9:30スタート
竜ヶ岳の登山道は、表道、中道、裏道の3本があり、今日は裏道を登り、表道を下ります。
f0007956_2338733.jpg

しばらくはホタガ谷という渓流沿いを歩きます
数年前の大雨の時の倒木が目立ちますが、水がきれいです
危うい板橋や飛び石を渡ったりと変化に富んでいるし涼しくて楽しい
f0007956_23385165.jpg

渓流がいつの間にかなくなった途端、樹木もなくなり、一面の笹原になります
頂上に近づいた証拠ですが、急に傾斜がきつくなり木陰もなくなるのでしんどくなります
f0007956_233924100.jpg

それでも振り向くと、伊勢湾が遠くにかすんで見えます。東海地方や!
f0007956_2340615.jpg

尾根まで登りきると反対側(北方向)にもパノラマが広がります
かすかに鉄塔が見えているのが福寿草で有名な藤原岳、
その左のもっこりしたのが御池岳。
お天気が良くてしあわせ。
このあたりで、すでに12:30。頂上に行く前に景色を見ながらお弁当タイムにしました。
f0007956_13483660.jpg

これが、竜が岳の山頂です。
f0007956_081740.jpg

笹原の間のジグザグ道を進みつつ、振り返ると、こんな面白い光景が延々と広がります
濃い緑色のモコモコしているのはシロヤシオの樹で5月中旬になると
真っ白なツツジ系の花が咲き乱れるそうです。
f0007956_23422369.jpg

f0007956_13561569.jpg

山頂(1099.6m)
三角点の周りには、山では珍しい若者集団が!
実は、彼らとは抜きつ抜かれつずっと同じコースをたどってきました
名古屋の大学の医学部、薬学部、看護部の学生さんだそうで、80人ほどもいました
夏休みに蝶ヶ岳の診療所でボランティアをするために、今日はトレーニングだそうです
若者は軽装やわ!
f0007956_23423532.jpg

ゆっくりお昼寝でもしたい気分ですが
長い帰路が待っているので、後ろ髪をひかれながら出発
南方向には、一番手前が釈迦ヶ岳、その向こうが御在所岳。
鈴鹿の山は台形の山が多い、上り下りがきついけど、上の平らな部分が広い
要はデカイ。広い。ごつい。
f0007956_2343090.jpg

雲母峰、雨乞岳、綿向山、イブネ、クラシ・・・
f0007956_23431220.jpg

f0007956_23432272.jpg

重ね岩。
例の学生たちが遊んでいますが、岩の向こうは側は結構な絶壁です。
が、もちろん私もてっぺんまで登りました。
f0007956_23433351.jpg

下って下って、砂山という小高い山をまた登って、
その辺りからアカヤシオが満開です
山頂付近はシロヤシオばかり、このあたりはアカヤシオばかり
一体どういう理由でこんな棲み分けが出来ているのでしょうか?
それに同じような種類なのに、咲く時期が違っていて、同時に咲くことはないらしい

コバノミツバツツジよりは淡いピンク色。
大きさも、コバノミツバツツジより一回りくらい大きいし、幹もしっかり太いです
f0007956_23434441.jpg

f0007956_23435617.jpg
f0007956_2344412.jpg

下り道の最後は「遊歩道」と地図には書かれていますが
丸い石で作った階段で歩きにくいことこの上なし。
さすがの私も膝が心配。
駐車場に戻ってきたのは17:30
歩行時間8時間。歩き応えありました。。。お疲れ様


おまけ。
山道に丸い葉っぱはたくさんありましたが、ゴール近くでようやく咲いている花を発見
イワカガミです。
という事は、あと半月くらいで、山の中にはこれがいっぱい咲くのでしょう
f0007956_23441336.jpg



[PR]
by poppy48 | 2010-04-27 00:40 | | Comments(0)

今年のチューリップ

4月11日(日)冷たい雨に打たれて、蕾がなかなか開きません
f0007956_2094494.jpg

ようやく暖かい日差しが戻った今日は、開花♪~
アネモネとの寄せ植えです
どんな種類の球根を買ったのかすっかり忘れていました
たぶんCOOPのカタログで注文したのだと思いますが
ピンクの八重咲きでした
f0007956_209561.jpg

チューリップは翌年に咲かすことができないので
もったいない気がしますが、でも秋にはやっぱり買ってしまいますね
f0007956_2010834.jpg
f0007956_20101818.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-04-17 20:18 | 庭の花たち | Comments(0)

180円のハイキング

近所のハイキングクラブの方たちと定例ハイキングへ行ってきました。
いつも人気の「近場めぐり」。今日の参加者は11人です。

朝8:30に西公園に集合し、まずは高座山公園の横の山道に入ります
たくさんのコバノミツバツツジでグピンク色に染まる高座山ですが、まだたくさん蕾が残っていました。
高座山の頂上へは行かず、ふもとをぐるっと回ると「名塩ダム」に出ます。
f0007956_20481734.jpg

その後、生野高原の住宅地を経て再び山道に入り
静かな尾根道をずんずん進むと、「静ノ池」に出ます
ここは2度目ですが、今日もお天気がよく、名前の通り静かな穏やかな場所です
ここで一日過ごしても良いくらい!
f0007956_2145072.jpg

f0007956_2165196.jpg

今日の予定はまだまだ盛りだくさんなので、後ろ髪をひかれながら、「百丈岩」へ
垂直に切り立った岩が百丈岩。
クライミングのトレーニングに使われたりしますが、私は見るだけで十分・。
f0007956_2185767.jpg

f0007956_213831.jpg

人が座っているのが岩の先っぽです
眼下には、鎌倉峡が見え、遠くには三田の町並み山並みも良く見えます
淡いパステルカラーの春の山々を眺めながらお弁当タイムを過ごしました
f0007956_20285081.jpg

道場の駅まで歩き、本日初めての公共交通手段。となりの武田尾駅まで180円の切符を買いました。
武田尾で降りると、お馴染みの武庫川渓谷です
一昨日のあめで水量が多く、グリーンの水が豪快な流れを作っています
f0007956_20302091.jpg

華やかなオオシマザクラ
f0007956_20293429.jpg

桜の園のヤマザクラ
f0007956_20294514.jpg

イロハモミジの若葉がこんなに芽吹いていました
f0007956_20295340.jpg

亦楽山荘でお茶をしてから廃線跡を歩いて帰りました。
f0007956_2030868.jpg

f0007956_21283763.jpg

17:00帰宅。お疲れさまでした!
[PR]
by poppy48 | 2010-04-14 21:29 | | Comments(0)

川西・黒川の里山訪問

日本一の里山と言われる黒川地区の見学に行きました
能勢電の終点、妙見口から歩くこと30分
辺りの山には点々と桜が咲いているのが見えます
f0007956_2184439.jpg

目的地に近付くとさらにさくらが多く吉野のようです。
茶道で使われる菊炭のすべてがこの黒川地区で生産されているそうです
材料はクヌギ
時代とともにその消費が減り、クヌギ林が放置され、地域の山全体が荒れ・・・
それにストップをかけるべく立ち上がったボランティア団体が、今日の訪問先です
f0007956_2185366.jpg

絶滅危惧種のエドヒガンザクラを守り、山の手入れをし、クヌギを育て、炭を焼き
里山との共存を進める30人ほどの集団で
いろいろな事を教えていただきました
「微笑み桜」と名付けられた巨大なエドヒガンザクラ
散り始めているし、お天気も良くなかったのですが
そのバランスの良い形と、大きさと、淡いピンク色とには全く圧倒され、見とれてしまいます
それに、この1本だけでなく、桜やエノキの巨木があちこちに点在します
最近はメディアで取り上げられたり、会のblogの効果で
訪れる人が随分多くなったとか
私も来年は絶対ベストシーズンにきます!
f0007956_219253.jpg
f0007956_2191038.jpg

後姿もいいです
f0007956_2191881.jpg

上の方から作業場を臨む
f0007956_2192689.jpg

これ、初めて知ったのですが、「台場クヌギ」と言います。
クヌギの木を途中で切ると、切り口から数本の脇芽が育ちます
8年くらいすると3本くらいが直径10cmくらい育つので伐採して炭にします
これを何度も繰り返すわけです
このようなクヌギ林が8区画あると、毎年毎年クヌギ材が収穫できるという訳です
f0007956_219346.jpg

巨大な台場クヌギ
f0007956_2194298.jpg



[PR]
by poppy48 | 2010-04-11 21:45 | 里山 | Comments(0)

里山のさくら

東山台のさくらは今日が最高潮でいつもより戸外にいる人が多いようです。
とは言え、人j影のない外周道路と里山。
f0007956_21112283.jpg

土曜日に地域の方々を招いてコバノミツバツツジのお花見会を開くので
今日は、その準備のために里山に入りました
今年は、良く咲いているし、咲いている期間が長くて見応えがあります
満開のもあれば、まだまだ蕾がビッシリのもあります
f0007956_2112594.jpg

今までツツジ系の花はあまり好きではなったのですが
今年はよく目に付くし、早春の山の引き立て役になっているのを実感します
f0007956_21121399.jpg

日当たりの悪い場所ではひょろひょろと背が高くなるので
思いがけず高い場所にも花があって、ピンクのトンネルを作ってくれています
f0007956_21122122.jpg

山の中にあるヤマザクラはもちろん美しい
f0007956_21114137.jpg
f0007956_21115086.jpg
f0007956_21115799.jpg

準備作業が終わって、解散。
f0007956_21113171.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-04-08 21:24 | さくら | Comments(2)

武庫川さくら回廊

知人から、武庫川沿いのさくらが見事だというのを聞いていたので
今日、三田方面での買い物の足を伸ばして、藍本辺りまで行ってみた。
三田市が毎年「武庫川さくら回廊ウォーク」というイベントを開いていて
その時は、藍本から新三田まで20km以上を歩くらしい(今年は4/11)。
176号線と310号線が交わる波田橋の辺りに車を置こうと思っていたが
初めての場所なので、少々心配していたけれど、
点々と車が停めてあったので、一目瞭然。
私も田んぼの脇に車を置いて、少し歩いてみることにした
f0007956_18505468.jpg

まだ7分咲きくらい。という事はイベントの日は満開だ!
今年は開花が早くて、3月中に散ってしまうのではないかと思ったけど
うまくできてるなぁ、と感心する。
さくらの下でお弁当を広げている家族連れや、
つくし摘みをするおばさんがちらほらいるけれど、まぁ静かなこと。
聞こえるのはウグイスのホーホケキョとシラサギのゲゲゲ・・・ッという声だけです
f0007956_1846454.jpg
f0007956_184655100.jpg

f0007956_1847515.jpg

武庫川の源流は篠山市にあるのですが、ここらでもまだほんの小さな川です
今日は水が青くてきれいだった
f0007956_18471599.jpg

大きく蛇行した川に沿ってぐるっと歩いてから、車に戻り
帰路は176号線ではなく、310号線を走ってみましたが、このさくら回廊が延々と続いていて
確かにすばらしい。満開になった時に歩いてみたいものです
f0007956_1847329.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-04-04 19:20 | さくら | Comments(0)

さくら咲く♪

待ちに待ったさくらの開花
手始めに今朝、近くのさくらを見に行きました
f0007956_1737397.jpg
f0007956_17374913.jpg

f0007956_17375962.jpg

長女が東京の病院に就職することになり
3日間引越しの手伝いに行っていました。
向こうのさくらを撮ってこよう、という甘い計画はすぐに崩れ果て・・・
へろへろに疲れて帰ってきました。
それでも、無事に社会人スタートを切って、笑顔でさくらを愛でることができるのは嬉しいことです。
f0007956_1738812.jpg

ますます自由度が増した私は
今年はどれだけさくらを見に行けるでしょうか
f0007956_17381729.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-04-03 17:55 | さくら | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る