<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

霊仙山~西南稜

昨日、前から行きたかった霊仙山(1,094m)に行ってきました。
今回は久々のアミューズトラベルの日帰りツアーです。
16人+ガイド+添乗員。
福寿草で有名ですが、同じく有名な藤原岳より絶対に良い、
と知人に強く勧められていたので楽しみにしていました。
ちょうど、高速料金1000円の開始日だったので渋滞が心配でしたが
スムーズに走って、彦根の近くの多賀インターを降りると、登山口まで30分ほどです。
中腹まで適度な登りを進んだ後、急登となります。
足元は雪解けのぬかるみで滑りやすいので、要注意。
でも、しばらくして山頂を見上げると、見事な樹氷が見えます。
福寿草しか期待していなかったので、超ビックリ!
f0007956_20294048.jpg

生まれて初めて見る樹氷。
風が吹いてくる方向に氷の結晶が伸びていくそうです。
f0007956_20295636.jpg

なだらかな笹峠のササにも樹氷がくっついて天国のような光景です。
おばちゃんたちが天使に見えます。
f0007956_20301471.jpg

福寿草もありました、ありました。
f0007956_2030541.jpg

f0007956_20302443.jpg

山頂近くの稜線沿いに白い樹氷の帯が続き、
足元の岩の間には福寿草があちこちに咲いていました。
f0007956_21163436.jpg

頂上。風がきつくて寒くて・・・・静止するのが大変。
f0007956_2032891.jpg

f0007956_21255065.jpg

歩いてい要る間中ずっと展望が良くて
鈴鹿の山々、伊吹山、比良の山々、琵琶湖が良く見えました。
写真にはあまりうまく写っていなかったのですが、頭の中にしっかり焼き付けておいたつもり。
10:30出発、帰着が17:30なので結構歩き応えがありましたよ。大満足でした。

[PR]
by poppy48 | 2009-03-29 21:28 | | Comments(0)

妙法寺~菊水山

昨日は、近所の山友4人で六甲山へ行ってきました。
お天気が気がかりでしたが、降水確率が50%以下だったので決行。
六甲山全山縦走路を5分割した、2区目に当たります。
神戸市営地下鉄の妙法寺駅からスタート。
妙法寺に立ち寄って、しばらく市街地を歩いてから、山道に入ります。
f0007956_7494169.jpg

ミモザがたくさん自生していました。
ミモザなんて、庭木と思っていたので、黄色く染まった山肌を見てびっくり。
f0007956_7495251.jpg

足元には、スミレ!
f0007956_750289.jpg

高取山(328.8m)を軽くクリア。お天気も回復しのんびりゆったり歩きます。
山を下って、また市街地をしばらく歩いて2つ目のピークの菊水山を目指します。
タムシバの咲く畑を過ぎると、頂上まで延々と続く階段が待っていました。
f0007956_7502843.jpg

菊水山の頂上(458m)です。
f0007956_7504846.jpg

途中にわか雨に会いましたが、この眺めを見ながら熱いココアで乾杯!お疲れ様でした。
f0007956_7501242.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-26 08:14 | | Comments(0)

おめでとう!

先日来のWBCの試合は時々チラチラ見るくらいでしたが
今日は、ほとんど全部見てしまいました。
ドキドキ・・・なんで野球ファンでもない素人がこんなに緊張すんねん!
でも、イチローが出てきた時には何故か心配せずに見れたのです。
経験を積んでいる者からにじみ出る強さとでも言いましょうか
今までさほど興味がなかったのですが
今日は、本当に偉い!と感服しました。
いざと言う時に後輩たちの不安をかき消せるような年長者になりたいものです。
それができてこそ、年とった値打ちというもの。
この打席のイチローの冷徹な顔は、何度見てもすばらしい!

[PR]
by poppy48 | 2009-03-24 21:12 | その他 | Comments(0)

里山の植物観察会

殺風景だった山の中に春の動きがたくさんありました。
まずは、ヤブツバキ
薄暗い林の中に真紅の花が華やかです。
f0007956_21543719.jpg
f0007956_21544970.jpg

ヒサカキの雌花。
雌雄異株とは、知りませんでした!
雄花は写真を撮り損ねたのですが、
もう少しだけ大きな白い花から赤っぽいオシベがのぞいています。
f0007956_2155928.jpg

私の一番のお気に入りのクロモジ
待ちに待った花が満開でした!
透明感のある黄緑色が美しい!
f0007956_21555370.jpg

f0007956_2156675.jpg

里山を頂上まで登ると、ゴルフ場に通じる道に出ます。
それを横切って、さらに山に踏み込むと眼下に武庫川が見えてきます!
廃線跡のハイキングコースですね。それにしても、急斜面、落ちたら大変です。
f0007956_21562143.jpg

コバノミツバツツジが、たくさんありますが日当たりの良い場所では
こんなに、花が咲いていました。
f0007956_21564626.jpg

これはちょっと珍しい、コクランの花の後。
と言っても、コクランなんて名前も聞いたことありませんでした。
f0007956_2157283.jpg

これも、珍しいカンアオイ(寒葵)の花。
真ん中に見える、黒っぽい口を開けた三角形のが花です。
ヒミツの場所の落ち葉を掻き分けて、見せてもらったんです。
f0007956_21571056.jpg

この小さな山の中だけでも、いろんなものがあるものです。
帰りには、入り口近くで柔らかなヨモギを摘んで帰りました。
ツクシも、レンゲもありましたよ。
[PR]
by poppy48 | 2009-03-19 22:16 | 植物 | Comments(0)

のどかな日曜の午後

お天気がいいと、ついつい行きたくなる棚田の辺り。
今日は、畑仕事の人や散歩の人がチラホラいらっしゃいました。
f0007956_173815.jpg

何の樹かは分かりませんが、今、こんな風に新芽がちょいと伸びている枝をよく見ます。
枯れているのかと思うような枝にも、春になるとちゃんと芽が出てくるから不思議。
そして、遠くから見ると冬の間茶色っぽかった樹が薄いパステルカラーに染まり
もっと遠くから見ると山全体がふんわり霞がかかったように見えます。
春の山、シャッターチャンスを狙っています。
f0007956_17382225.jpg

レンギョウかと思いましたが、背が高いしオシベが赤い。
シナミズキのようです。
f0007956_17381390.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-15 17:40 | 植物 | Comments(0)

サクラですよ!

今日は、今年度最後の地域の班長会議でした。
次期の班長さんたちも集まって、役員を決めて仕事内容を引継ぎ、
来月の総会が済めば、次に廻ってくるのは12年後!
特に大きな問題もなく1年過ごすことができました。
近所の方と親しくなれたのが一番の収穫でしょうか。
別れと出会いの春、を少し感じた日でした。

会議が終わってから軽い足取りで散歩に行きました。
毎年、開花一番のりのサクランボの木です。
f0007956_17351894.jpg

夏の初めにたくさんのサクランボができるのですが
持ち主さんが食べるのかしら?
f0007956_17115637.jpg

f0007956_171237.jpg

こちらはヒカンザクラ
f0007956_17121213.jpg

ガクも軸もショッキングピンクです
f0007956_17114822.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-15 17:30 | 植物 | Comments(0)

庭にて

今日は一日中家にいました。
暖かな日差しの庭に出て、何やかや手入れをしたり写真を撮ったりするのは至福の時間。
クレマチスの新芽がこんなに大きくなっているのを発見。
今年もたくさん花が咲くかな?
f0007956_18164074.jpg

今、一番派手なのはサクラソウ。
濃い目のピンク色です。
f0007956_18274023.jpg

種から育てたビオラも咲き始めているし、こぼれ種の菜の花
アセビ、チューリップ、オキザリス、パンダスミレ、ムスカリ、フェリシア・・・
もうちょっとしたら、一気に庭が賑やかになります。
でもそうなると、また雑草と虫との戦いが始まるので、今が一番いい時期かもしれません。
おまけ
部屋の中ではクンシランの蕾が育ってますよ♪~
f0007956_1831387.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-12 18:45 | 庭の花たち | Comments(0)

春が待ち遠しい

サンシュユの樹は、春先の黄色い花と、秋の真赤な楕円形の実が印象的です。
今日、買い物でそのサンシュユとユキヤナギのセットを見つけました。
250円。
玄関の傘立てにしている壷(?)に挿しました。
もう少し花が開いたら全景を撮ってみよう。
f0007956_2126319.jpg

枝垂れ梅が咲き始めました。
今年も花が少ない(T_T)
f0007956_21264445.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-07 21:27 | 庭の花たち | Comments(0)

ヤブツバキ

里山での間伐作業が続いています。
これは、前々回の作業で切り倒したヤブツバキの枝です。
日当たりが悪くてひょろひょろ伸びていた樹を倒してみると
蕾がたくさんついていたので、みんなで持ち帰りました。
硬くて小さかった蕾が、咲き始めました。
ツバキは幹が硬くて切り口が真っ白なもち肌で、大変美しいんです。
今までは、よく虫のつく嫌いな樹の一つだったんですけどね。
世話をしてみると、色々発見があるものです!
f0007956_2059856.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-03-03 21:08 | 植物 | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る