京都、北山へ

11月1日(土)京都の鍋谷山(859m)、井ノ口山(779m)に行ってきました。
京都市街地を抜けて、京産大の前を通り(ノーベル賞受賞の垂れ幕が一杯!)
鞍馬寺、花背を過ぎて、広河原の登山口に到着。
京都駅から1時間半です。

新しい林道の工事のために山が削られ、登山道が分断されて迷惑なのですが
見晴らしの良い場所が出来ていました。
北山の山々(大悲山、皆子山、峰床山)遠くには比良の山々が見えています。
f0007956_13477100.jpg

それにしても
登山者もあまり訪れている気配がないので、登山道が、分かりにくくなっています。歩きにくい・・・。
さて、本日の目的は北山台杉(芦生杉)です。
この写真↓は有名な植林された北山杉。
f0007956_14123232.jpg

これ↓が北山台杉(芦生杉)。
f0007956_13444854.jpg

上を見上げると
f0007956_13445897.jpg

前衛芸術のような奇妙な形の杉があちこちに点在します
f0007956_14183353.jpg

雪の多い日本海側の杉は、雪が積もると枝が下に下がります。
折れるのではなく、柔軟に地面まで下がり、そこで根が生え
それがだんだん幹のようになって、こんな形になるのだそうです。
屋久島の杉はあまりにも有名になって、観光客が一杯ですが
ここは、まさに秘境。
落ち葉に寝転がって一日中杉を眺めていたい気分です。
f0007956_1418445.jpg

童心に返って・・・登ってみました!
f0007956_21294595.jpg

紅葉は少し早い時期でしたが木漏れ日が美しく気持ちの良い山行でした!
f0007956_13535861.jpg

鍋谷山
[PR]
by poppy48 | 2008-11-02 14:34 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る