伊吹山0合目から

連日35度近くまで気温が上がるここ数日。
「伊吹は暑いよ」とみんなに言われながらも
なぜか参加してしまった5人の山女。無謀なスタートを切りました。
f0007956_18553615.jpg

木陰を歩くのは2合目の途中まで。
その後はスキー場なのでこのとおり。
「しんどいのは3合目までで、その後は涼しくなるから」、という経験者の言葉を信じひたすら歩く。
f0007956_18255959.jpg

何だか恐るべき暑さにも慣れてきたようで、どうにかこうにか5合目へ。
売店がありました。かき氷で生き返る。
f0007956_17504351.jpg

高度と共に気温が下がっているはずですが、どこまでも暑いわ。
雲がかかる様子もなく、試練が続く。
6合目の避難小屋でひんやりした、ひと時を過ごし
眼下の田園風景とかわいらしい高山植物に励まされ、歩を進める。
f0007956_18392513.jpg

このあたりまで来ると、空の青さが際立ち、どこを向いてもすばらしい眺めです。
f0007956_1843741.jpg

f0007956_1848431.jpg

8合目、9合目あたりは、岩場をよじ登るので、足が重くて一歩一歩が大変。
でも、やりました!全員登頂!
f0007956_18201254.jpg

頂上はバスツアーで来ている大勢の人たちで大賑わいです。
売店でトマトの丸かじりと薬草茶で一服し、早々に下山です。
なぜなら、予定からかなり遅れているので。。。
f0007956_18534528.jpg

メタカラコウ
f0007956_19125017.jpg

シモツケソウ
f0007956_1945464.jpg

シシウド
f0007956_19231466.jpg

クルマグサ
f0007956_19143045.jpg

イブキジャコウソウ。上品な香りがします
f0007956_19151559.jpg

3合目付近ではユウスゲが帰りを待っていてくれました。
ユウスゲは夕方に開花するユリのような花です。
f0007956_19155121.jpg

下山完了は18:30。おつかれさま!
伊吹山
[PR]
by poppy48 | 2008-07-25 19:31 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る