バスツアーでサクラを堪能

実は、「有名なサクラ」を「わざわざ見に行く」というのは初めてです。
よくある、”盛りだくさんツアー”、ですが
母と一緒に出かけました。
お天気は曇りです。
旅行では雨さえ降らなければ良しとしなければいけないのですが、
曇り空に白っぽいサクラを撮影するのは難しく、なかなかうまく撮れません。
それに、樹が大きいので、全景をどうやって収めてよいものか・・・。

「善峯寺」の有名な五葉松の横にある枝垂れ桜
f0007956_17421186.jpg

「仁和寺」の御室桜。
花は終盤ではありますが、有名になるだけあります
大き目の花弁の威厳のある桜の樹が、一体何本あるのでしょう?
花吹雪の中を夢心地で散策しました。
f0007956_17413297.jpg

f0007956_1742244.jpg

「常照皇寺」の樹齢600年余の「九重桜」
気の毒なくらいの古木です。幹には大きな空洞ができています。
f0007956_17411071.jpg

f0007956_1843311.jpg

f0007956_17412032.jpg

予習不足で、歴史もいわくも分からないまま
通り過ぎるだけの、全く感心できない旅でしたが
サクラはもちろん、どのお寺も大変美しく満腹の一日でした。
できることなら、それぞれ一日掛けてゆっくり滞在したいものです。
でも、この辺り(京都の北部)は日帰りで、自分で行くのはなかなか難しいですね。
[PR]
Commented by 常照皇寺の桜 at 2008-04-17 18:28 x
何も言えないほどの古木ですが、花はメッチャ綺麗でした。
私は、数年前に行った事あります。
その日は、絶好快晴の日で、花は真正面からの撮影になりました。
当時、まだ露出補正をよく理解できていなくて、先生格の友人の言うままに撮って、全部露出オーバーになり、未だに残念に思っている桜です。
是非リベンジしようと、その友人にけしかけている所です.(hero)
Commented by poppy48 at 2008-04-19 21:13
花のいい時期に、晴天に恵まれるのは難しいことですね。
運転が得意だったら、いろんな所を好きなように回れるのに、
と思いますが
私が行けるのはせいぜい市内くらいです。とほほほ。
リベンジ頑張ってください!
とてもいい所でした。
by poppy48 | 2008-04-17 18:11 | さくら | Comments(2)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る