横山岳・後編

今回のガイドさんは花の専門家さんなのです。
「今日のコースには200種くらいの花があります」、そうで
歩きながら花の名前を次々に教えてくれるのですが、とうてい覚えられません。

庭でお馴染みのハコベですが、2まわり位大きい。
ヤマハコベです。(もしかしたらサワハコベかもしれない)
葉が三角形をしているのが特徴。
f0007956_21453324.jpg

チゴユリ。
稚児百合と書いたほうがイメージが湧きますね。
ユキザサ「雪笹」とかヒトリシズカ「一人静」とかステキな名前の花がたくさんあったのですが、撮影失敗です。
f0007956_2145575.jpg

ヤマシャクヤク「山芍薬」
これがお目当てだった方が多かったですが、時期が少し遅かったようで
ようやく、一輪見つかりました。地味な山野草の中ではとても豪華絢爛です。
f0007956_2146135.jpg

ヨウラクツツジ「瓔珞躑躅」ドウダンツツジを大きくしたような。
f0007956_21475916.jpg

横山岳には西峰と東峰があります。
西峰の頂上(1131m)より見た琵琶湖
余呉湖、竹生島が見えます。
f0007956_21463081.jpg

左はしに伊吹山が見える。
f0007956_21464693.jpg

片道30分ほどの東峰への往復が計画に入っていたのですが、タイムアウト。
東峰からは白山や穂高なども見えるはずだったのですが、残念。
ここでも、ほんの少しの休憩のみで、すぐに下山を始める。
バスに着いたのは17:00。予定通りでした。
少々きついコースだったのでみんな、
汗びっしょりでふ~ふ~言っているのに
ツアーリーダーの女性は何事もなかったように出発時と全く同じ顔でした。さすがです!
[PR]
by poppy48 | 2007-05-13 22:29 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る