17日、上高地にて

f0007956_21385737.jpg白骨温泉で泊まり、翌朝5:00出発。

今の時期、一般車両は釜トンネルの入り口までしか入れないので、ここから「歩き」です。
いつもなら、観光バスであっという間に通り過ぎるトンネルですが、
全長1.4Km、それに100m以上の標高差があったのですね。

ここで、準備を整えます。もちろんスノーシューも担ぎます。
昨日の乗鞍は暖かかったのですが、朝はさすがに寒い!


トンネルを出て少しすると、朝日に輝く焼岳とご対面!
大正池は薄氷が張り、すべての樹には霧氷がびっしり付いて、花が咲いているようです。
霧氷なんて、初めて見ました。
f0007956_21314155.jpg

右端の隊列が我々ですが、個人で来られている方にも時々出会います。
f0007956_21173166.jpg

しばらくは日陰を歩くので寒い。
リュックの外にぶら下げているペットボトルのドリンクがいつの間にか凍っています。
テンの足跡が点々(?)と続く雪の世界をどんどん歩きます。
f0007956_21241968.jpg

日が差し始めると急に暖かくなって、ほっとします。
霧氷が一気に解け始め、氷の粒がキラキラ輝きながら降ってくるのです。
それはもう美しい!
クリスマスツリーにキラキラの飾りをつけるのはこの光景なんだな、と納得。
f0007956_21242879.jpg

お馴染みの河童橋から見た穂高連峰と梓川です。
やはり、雪は少ないようですね。
でも、こんな青空と雪山を眺めることができて、あ~しあわせ。
f0007956_21243726.jpg

[PR]
by poppy48 | 2007-02-20 22:02 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る