2日ずれてたらなぁ 大雪の明神平

1月23~24日に山へ行く計画が進んでいました。
行先は氷ノ山のもう少し北の方にある扇ノ山。
なだらかな斜面が続き、設備の整ったきれいな小屋があるので泊りでも可能だろうと、たかをくくっていました。
ところが、天気予報では記録的な寒波が日本列島を覆い、日本海側は豪雪らしい。
これでは、一歩も進めないかもしれないと、南の方へ計画変更。
樹氷で有名な台高山地の明神平へ。
もともと、こちらの方が憧れの場所だったので、自宅からは遠くなるけれど気を取り直して準備を進めました。

平日なので、大又の駐車場に停まっているのは1台のみ。
積雪は10cmくらいですが、雪がちらちら舞っています。

f0007956_16522428.jpg

1月のサラサラの乾いた雪。
良い雪質ではありますが砂丘みたいな感じなので傾斜があるとスベッて歩きにくい。
場所によってアイゼンとスノーシューを使い分け、ますます時間がかかる。

f0007956_16522540.jpg

樹氷どころか、樹が氷の塊になっています。
こんな景色は初めて。
気温はどのくらいかしら??
写真も撮りたいし、周りもキョロキョロしたいけど、なかなか余裕がありません

f0007956_16522541.jpg

明神平も真っ白け。
もちろん、だれの足跡もない雪原ですが、雪を楽しむという気分にはなれず、Uターン!

f0007956_16522360.jpg

f0007956_16522492.jpg

始めから終わりまで、こんな風景ばかし。
帰宅してから、2日後の26日からは快晴で春の陽気になりました。
ヤマレコを見ると、明神平を訪れた人のレポートがずらっと並び、どれもこれも青空に生える樹氷のすばらしい写真。
それを見たかったのに~
あ~残念。

f0007956_16522457.jpg








[PR]
by poppy48 | 2017-01-29 17:10 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る