上高地と西穂丸山 2/14~16

15日の宿は、奥飛騨温泉郷の野の花館というかわいらしいペンション風の温泉宿。
おいしい夕食をわ~わ~賑やかにいただき、翌日のお天気回復を祈りながら眠りについた。
少し明るくなった頃にそっと障子を開けてみると・・・
f0007956_1740884.jpg

雲一つないきれいな空に、真っ白な山が!
錫杖岳という、クライミングのメッカの山です。
モルゲンロート!!
朝日が差し始めて、山頂付近がオレンジ色に染まっています。

宿の外に出てみると、建物越しに迫力ある岩山が輝いています。
f0007956_17465196.jpg

朝食もしっかり食べて、朝一のロープウェイに乗って西穂丸山に行こう。

西穂ロープウェイは一段目と二段目を乗り継いでいくのですが、
一段目が故障中のため代替バスが出ているらしい。
定刻通りバスが動くことを確認して宿を出発。
チケット売り場に行くと、二段目のロープウェイも荒天のため3日ぶりの運転だそうな。
f0007956_17481292.jpg

ロープウェイの中は、異国の人たちがいっぱいでした。
大半の人たちは、西穂高口の駅でロープウェイを降りて展望台で景色を満喫し
駅周辺の除雪された回廊で楽しんでいますが
我々はもちろんその先へ進む予定。
でも、ロープウェイが止まっていた3日間人が歩いていない訳ですからトレースは全くありません。
我々より先に出発した若者2人がつけてくれた細いトレースがありがたい!
f0007956_21214870.jpg
スノーシューを付けても、ひざ上まで潜る。
f0007956_21111059.jpg
西穂が見えてきました!
f0007956_17481449.jpg
左の方に目をやると、槍が見えた!
f0007956_211159.jpg

絶景を見ながら歩くも、積雪の多さに遅々として進まない
西穂丸山どころか西穂山荘までもたどり着けそうになかった。
展望のいい場所で、お昼を食べてUターンを決心する。
Kさんが作ってくれた雪だるまがかわいい。
f0007956_21402992.jpg

後ろ髪をひかれながらもと来た道を戻る
f0007956_21403422.jpg

深い新雪の中をラッセルする様子。きれいね。
f0007956_21405178.jpg

ロープウェイの駅近くに槍ヶ岳を開山した播隆上人像があるので探したところ看板が少しだけ見えているのを見つけた。
f0007956_21403719.jpg

この後ろにきっと像があるに違いないと、掘ってみたが見つからず。
帰って調べると、我々が散々踏みつけにした場所の下に埋もれていたようでした。

来るときに立ち寄れなかった展望台で白山を眺める
f0007956_21404099.jpg

拡大してみると、きれいに見えています
f0007956_21404440.jpg

こちらは焼岳
f0007956_21404224.jpg

下りのロープウェイでもやはり絶景です
f0007956_21404612.jpg
昨日の荒天と今日の好天。
両方の雪景色を体感できて、良い山行でした!

[PR]
by poppy48 | 2015-03-15 17:55 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る