丹波、向山のヒカゲツツジ

4月の丹波の山はツツジでいっぱい。
3月末から咲き始めたコバノミツバツツジは
タムシバの時期が終わり、サクラの時期が終わっても、まだまだ健在
樹によってはツボミばかりのものもあります。
そんな中、丹波市観光協会のHPによると
4月10日ごろから咲き始めたヒカゲツツジが18日に満開とのこと。
電話で確認してみると、19日~21日が最高潮ですよ!と教えてくれた。
近所の方と20日(日)に行って来ました。
f0007956_1745335.jpg

東山台から車で1時間。
駐車場は観光バスまで停まっています。
小雨がぱらつく中、期待に胸を膨らませて歩いていくと
三の山辺りから出現。
コバミツよりは一回り大きいサイズで、おしべは10本。
葉はシャクナゲのようです。
淡い黄緑色、光の具合によってはクリーム色のヒカゲツツジが上品に、でも一面に咲き乱れています
f0007956_17453691.jpg

f0007956_17453990.jpg

f0007956_1745428.jpg

石生(いそお)の町のきれいに区画整理された水田を眺めながらお弁当もおいしくいただきました
f0007956_17454558.jpg

ヒカゲツツジという名前の通り北斜面に多いのですが、それでも日当たりのいい場所の方が花が元気
なようです。
[PR]
by poppy48 | 2014-04-23 18:04 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る