八ツ淵の滝~釈迦岳(比良) 7/22

暑い時期には水辺を求めて、
滋賀県高島市にある、日本滝100選に選ばれている「八ツ淵の滝」の滝めぐりから
比良山系のピークの一つ「釈迦岳」に行ってきました
9:00 ガリバー旅行村駐車場出発
30分ほどで「障子ヶ淵」に到着
「淵の周囲や底の岩石に、障子の桟に似た線が入っているのが特色」らしいのですがよくわからず・・・。
f0007956_15263017.jpg

渓流沿いの道はひんやりして、気温は低いと思われますが
風が通らないので、歩くとやっぱり暑い。
拭いても拭いても汗が流れます
ヤマアジサイがまだ残っていました
f0007956_15263798.jpg

10:15 「貴船の淵」到着
滝の右側の岩に不動明王の岩があるそうですが、見そびれる・・・。
f0007956_1645166.jpg

右側の岩を登って滝の上に出る
f0007956_15265640.jpg
f0007956_1527390.jpg

そろそろ滝ともお別れ「七編返し淵」です
上から見ると、水流が七度転回して落ちていくように見えるらしい。
f0007956_15271174.jpg

この先に「まぼろしの滝」があるようですが、そこまでは行かず
オガサカ分岐でオガサカ道を登って、釈迦岳への尾根道に向かう
少し風があるがやはり暑いよ。
カラ岳を経て釈迦岳登頂(1060.3m)六甲山より高い~

13:30遅めのお昼、味噌汁がおいしかった!
ようやく他人と出会う。
一人でJR北小松駅から歩いてきたという山ガールやちょっと怪しげなおじさん。
おじさんの誘いをきっぱり断っていた山ガールさんですが、その後大丈夫だったかな?
昼食後、今来た尾根道を戻って八雲が原へ
お天気が怪しくなってきて、ガスに包まれる八雲が原
f0007956_15285888.jpg

今回、ノリウツギがあちこちで真っ白な花を付けています
f0007956_15273014.jpg

雨が本格的に降ってきたので、暑いけどカッパの上着を着る
雨の滴る緑が美しい
f0007956_15271798.jpg

広谷を経て再び、水辺に戻ってきました
大すり鉢と言われる滝壺
下りは岩場は危険なので、普通の登山道で戻りました
f0007956_15272256.jpg

16:30 駐車場着。お疲れ様でした!
[PR]
by poppy48 | 2013-07-23 16:34 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る