霧ヶ峰へ 1/19~20

待ちに待ったスノーシューの季節になりました!
やまやさんのツアーで、30年ぶりの霧ヶ峰。
先週末の寒波で雪も増えてるみたいで、絶好のコンディションです。
参加者は私以外にIさんご夫婦。
気心の知れた方との少人数の山行で、さらにお天気に恵まれれば最高の贅沢です。

7:30京都出発→名神→中央道
関原辺りは例のごとく、どんより寒々した雰囲気ですが、愛知県を抜け恵那山トンネルを
くぐると、青空に雪景色。いい感じです。
南アルプスの銀嶺が見えてきました。これは塩見岳かな?
f0007956_21564850.jpg

11:30、諏訪湖SAでお昼ご飯。「ハンバーグ丼温玉付き」を平らげてしっかり腹ごしらえ!
諏訪湖は真ん中がまだ凍っていない様子。御神渡までもう一息ですね。
f0007956_2157865.jpg

12:30、ビーナスラインを通って、八島湿原ビジターセンター駐車場へ
今日は、ここから鷲ヶ岳に登ります
ビジターセンターは閉鎖中ですし、湿原は一面真っ白。
スノーシュー、どうやって付けるんだっけな?どっちが右だっけな?
でも、お天気良くて寒さも大したことなくてイイ感じです。
f0007956_22121511.jpg

少し登ってから、北の方向にぽっくりした「鉢伏山」。右の方に視点をずらすと「浅間山」がよく見えます
f0007956_22122353.jpg

右の方が鷲ヶ岳山頂に至る尾根。今から先端まで進みます。
その向こうに北アルプスの山々が見えてきました。三角のが「蝶ヶ岳」かな。
f0007956_11495943.jpg

14:40、登頂。1798.3m。
f0007956_22304650.jpg

名古屋から来られていたカッコいい方たち。勝手に載せてスミマセン。
f0007956_23123747.jpg

後ろ髪をひかれながら下山。雪山の下りは楽しい!
危険な雪庇も谷もないので、ずんずん下ります。
振り返って、白と青のまぶしいコントラストを楽しむ。
右側は誰かが先につけたトレース。左側が私が新雪につけたトレース。
f0007956_22305393.jpg

日が暮れてきました。さぁ帰ろう。
f0007956_22311297.jpg

ビーナスラインの途中にある「富士見台」
カメラマンが一杯並んでいました。八ヶ岳のすそ野から端正な富士山が本当にきれいに見えました。
f0007956_22311822.jpg

この日の宿は車山のペンション「ぎんのさじ」。
3時や4時起きが常の夏の山小屋滞在とは緊張感が全然違います
翌日の準備もせず、成り行きで布団に入って熟睡。
6時起床、7時朝食、8時出発。思い切りゆったりです(冬季はこんな感じなんですって。)
自家製はちみつ入りのプリンがとても美味しかったので購入。
f0007956_11101024.jpg

8:30、車山肩のコロボックルヒュッテから行動開始。
今日は八ヶ岳にかかる雲がなく、形が良く見えます
逆光ですが、右側が南八ヶ岳、左側が北八ヶ岳となります
f0007956_033562.jpg

9:30、見えてきました!車山山頂の気象レーダードーム
f0007956_0135611.jpg

10:00、車山山頂 1,925m
そして、その向こう側にある車山神社。スキー客の人たちがたくさんお参りしています
f0007956_0141054.jpg

少し下ったところの、車山乗越 1,815mにて。バックは蓼科山。
f0007956_1254647.jpg

車山湿原の淵を歩いて、蝶々深山に登って降りて・・・雪原をたくさん歩いて
13:00、下山。
f0007956_0143358.jpg

蓼科山と八ヶ岳に別れを告げて、帰路に。
お疲れ様でした!
f0007956_1157787.jpg

[PR]
by poppy48 | 2013-01-21 22:22 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る