10月15日木曽旅行1日目。御嶽山を見る。

8:59 大阪駅発の特急しなの(大阪発は1日1本のみですが始発駅なので自由席OK)
12:24 木曽福島駅下車。降りる人はほんの数名です。
宿場風のすっきりしたデザインの駅舎の前で開田高原行のバスを待ちます
「木曽町生活交通システム」のおかげでバスはどこまで乗っても200円です。
高齢化の波に襲われている町の活性化に役立つ、良いアイディアだと思いますが
私たちの乗ったバスの同乗者は4~5人。地方はやっぱり大変や!
f0007956_2011458.jpg

一つ目の目的地、木曽馬の里で下車。
いいお天気です!
午後になって逆光で霞んでいるようですが、午前中はもっとくっきりしていたそうです
御嶽山の雄姿に正面から対峙する、ここは御嶽山の最高のビューポイントなのです。
f0007956_20134124.jpg

開田高原は標高1,000m。
まぶしい日差しが降り注ぎ、爽やかな風が吹き気持ち良い。
f0007956_20114511.jpg

ブルーベリーの木が紅葉し、稲わらの△が面白い
f0007956_2012301.jpg

f0007956_20121896.jpg

芝生の中に形の良いコナラや名前の知らない樹、どちらも樹形が良い
f0007956_20122468.jpg

f0007956_20121115.jpg

いた!いた!木曽馬たち
f0007956_20113156.jpg

f0007956_20112544.jpg

がっちりした、たくましい馬ですが、今は観光用に保存されているのみだそうです
f0007956_20113956.jpg

想像以上に良かった「木曽馬の里」を後に再び200円のバスに乗って今夜の宿「やまか旅館」へ
夕食までに、付近を散策して御嶽山を見に行く
ここからは、前の山が御嶽山を遮るのが残念だけれど、とりあえず見えます
f0007956_20124117.jpg

寒暖の差が大きく、この日の朝は氷点下だったそうです。
その気候を利用して、白菜が有名だとか。
夕食は大変おいしくいただきました。お湯も源泉ではないようですが十分いいお湯でした
さらに、夜には満天の星空。
開田高原を満喫です
[PR]
by poppy48 | 2012-10-17 20:33 | お出かけ | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る