頭巾山 5/26

以前からN女史に強く勧められていた頭巾山に行く機会を得た
福井県と京都府の県境、名田庄村の西の端にあるマイナーな山です
お天気は曇り。
野鹿の滝のそばに車を停めて歩き始めました
本当は登山口ギリギリまで林道があって車は進めますが
林道を歩くのも気持ち良いので。
f0007956_15282681.jpg

ジグザグの山道を急登すること小1時間で、山頂付近の尾根に出ます
f0007956_15284428.jpg

ここはホンシャクヤクの自生地で有名なのですが
ちょっと遅かったようで、散った花が地面にチラホラ落ちていました。
そのかわり、サラサドウダンが超満開!
ピンクの鈴のような花がまさに鈴なり。
f0007956_18103441.jpg

イワカガミもいっぱい
f0007956_15285914.jpg

残念ながら山頂からの眺めはこんなもの。
左の奥には去年登った青葉山がうっすら見え、
右奥には日本海と大井原発辺りまでかすかに見えるのですが写真には写らず。
f0007956_18182757.jpg

時間に余裕があったので、キョロキョロしながらゆっくり下ったのですが
注意深く見れば、本当にたくさんの植物が発見できました。
これは初めて知ったアサガラの蕾、エゴノキのような花が咲くそうです
f0007956_18254097.jpg

タニウツギ、ホウの花、トチの花、アオダモ、ガマズミ、マムシグサ
ミズ、シライトソウ、クルマバソウ、チャルメルソウ・・・・
覚えきれないワ。
山全体が植物図鑑になりそうなくらい、たくさんの植物がありました。
豊かな山と言う事ですね!
どうか、この辺りの山が原発の犠牲にならないでいてほしいものです。
[PR]
by poppy48 | 2011-05-29 15:36 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る