丹波竜の里へ 4/13

本日の定例ハイキングは丹波竜の発掘現場のある丹波市上久下(かみくげ)。
参加者は9人。今日は山には登らずお花見がメインで気楽(なので参加者が多い?)です。

JR福知山線の下滝駅下車
風光明美な篠山川のほとりで恐竜の骨が発掘されているようです
f0007956_2059897.jpg

発掘現場に近付くと、恐竜の足跡が、点々と・・・
f0007956_20592211.jpg

発見されたのは大型草食恐竜ティタノサウルスで国内最大級だそうです。
体の一部の骨からどうやって全体の姿がわかるのでしょうか??
私は恐竜よりは、豪快な流れの篠山川と川代渓谷の方に惹かれました
f0007956_20594210.jpg

真っ白な車体に赤いラインの入った特急コウノトリが渓谷に映えます
f0007956_20595722.jpg

きれいだ!
f0007956_2101061.jpg

川代公園では、平日なのにお花見客が結構います
f0007956_2103261.jpg

カルガモの行列みたいに隊列を組んで歩いていますね
川に沿って約10km歩きJR丹波大山駅から帰路に。
歩きながら摘んだワラビを夕食においしくいただきました。
f0007956_2102218.jpg

ハイキングと言うと、たいてい田舎に行くのですが
どこに行っても、気持ちのいい美しい場所ばかりなのに
ほとんど人に出会いません。
町起こしで整えられたような施設はあるものの、人はどこへ・・・と言う感じがします
田園や山林で人が働いて充分生活ができるようになればいいのに、と思うのです
[PR]
by poppy48 | 2011-04-13 21:33 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る