高島トレイル:大谷山

琵琶湖北西部のマキノスキー場の奥にある大谷山を目指して3/10行ってきました。
キラキラの琵琶湖と雪をかぶった比良山系の雄姿に挟まれたR161を北上します
今日は6人のパーティです

f0007956_17415935.jpgf0007956_17423339.jpg


高島市に入る頃から、辺り一面雪景色。
マキノスキー場は雪不足で3/6に営業終了だそうですが
ここ数日の寒の戻りで、ゲレンデはえらいたくさんの新雪が積もっていました。
雪のちらつく中、9:30出発
f0007956_1465017.jpg

なだらかなマキノスキー場のゲレンデも登るのは結構しんどいものです
f0007956_17494749.jpg

山の中に入る頃から晴れて青空が見えてきました。
こうなるとブルーとホワイトのコントラストがあざやか。
これを見たかったんだわ!
f0007956_1471691.jpg

しかし、雪は多く、スノーシューでもひざ下くらいまで沈みます。
湿気の多い雪なので、重い事重い事。
交代でラッセルするも、みんな汗だく。
f0007956_17565093.jpg

樹の近くは下が空洞になっていることが多くて、ズボッと腰あたりまで沈んでしまいます
私はこの失敗を何度やったことか。
這い上がるのに四苦八苦。
f0007956_1481193.jpg

想定外の雪の多さに、スローペースを余儀なくされ大谷山登頂を断念。
2時に折り返す事にして、行ける所まで進みます
ようやく、見えてきたのは寒風峠。
f0007956_1482876.jpg

右に行くと春先の花で有名な赤坂山、左に行くと大谷山です。
f0007956_1484236.jpg

峠までは頑張りましょう。
樹林帯のない尾根は雪が風で飛ばされているので、あまり深く沈みません
f0007956_1485210.jpg

ほら、あと一息。
f0007956_149589.jpg

ちっちゃな札しかありませんが寒風峠での証拠写真!
f0007956_1494353.jpgf0007956_1493366.jpg

峠からの眺めも満喫して、下山。
f0007956_1491956.jpg

来るときに付けたトレースを目印にすると道迷いもないし、
転がるようなスピードでスイスイ降りることができました。
16:00到着。お疲れさまでした!
[PR]
by poppy48 | 2011-03-11 14:11 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る