石雲寺の節分草と鳳来寺山 2/9

f0007956_13404960.jpg日帰り山行の限界と思われる愛知県新庄市に行ってきました。
毎年気になっていた節分草が目的です。
お天気は昨夜からの雨がすっきりせず、降ったりやんだり晴れたり・・・
おかげできれいな虹を見ることができました。

群生で有名な石雲寺ですが、有名になったために踏み荒らされたり、イノシシにやられたりで
柵が張り巡らされています。
花の直径は1cmあるかないかくらいで、点々と咲いているのですが、あまり元気がない。
この間からの寒さでやられたのかと思ったら、寒さよりは去年の暑さで痛んだそうです。
f0007956_13412218.jpg

それでも、アップでパチリパチリ。
晴れたら顔を上げるのでしょうけど。今日はうつむきかげんでした。
f0007956_13413514.jpg

f0007956_13415032.jpg

f0007956_14382150.jpg

石雲寺を後にして、一行は鳳来寺山へ
延々と続く石段の表参道から登るという手もあるのですが
今回は時間に余裕がないので、ドライブウェイのパーキングからスタート
標高差300mくらいの、お手軽ルート。
むき出した岩肌と、それに張り付くような鐘楼が見えます
この写真の上方の尾根を左から右へずーっと歩いて元に戻る周回コースです。
f0007956_134211100.jpg

簡素な本堂です。
f0007956_13422232.jpg

f0007956_14215143.jpg

鳳来寺山の裏面が見える場所に来ました。
お天気が良ければ幾重にも重なった山の向こうに雪をかぶった南アルプスが望めるはずなのですが
本日は残念・・・・。
f0007956_1342342.jpg

最後は東照宮の裏に出てきて無事にゴールイン。
かつて家康の母の於大の方が,鳳来寺山の薬師に懐胎を祈願して家康を身ごもったという伝説に基づいて家光が建てたそうで、国の重要文化財になっていますが、
日本三大東照宮の一つにしては、ちょっとさびしいいですね。
f0007956_143154.jpg

[PR]
by poppy48 | 2011-02-10 14:34 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る