もぅ一回、六甲山の氷瀑を見た~い

f0007956_1745931.jpg寒い寒い毎日。
日本海側の地域では雪対策が死活問題だと言うのに
私ときたら、滝の凍り具合と樹氷のでき具合が気がかり。

そして、同じ事を考えていたNさんと、今朝もう一度六甲山へ行ってきました

有馬温泉からの山道の雪は前回より断然少ない
今朝の我が家付近の外気温は-4℃。
滝はどうなってるかなぁ


ありました。ありました。
前回より育っていると思われます!
それに、氷が少し青みを帯びてきれいだ!
今日も、アイスクライミングの人たちがいる。
f0007956_1702831.jpg

お手並み拝見。
両手にアイスピッケル、足はごついアイゼン。
結構しんどそう、というか冷たそうです。だるそうな腕を何度も振りながら登って行きます。
しかし、あのロープは誰が設置したんだろう?
f0007956_1704183.jpg

登るのは大変そうですが、降りるときは左側でロープを支えている人が
調節してるようで、宇宙遊泳のようにふわふわっと降りてきます
カッコいいですが
ツララがパキパキとこぼれ落ちるのが気になる。
もったいない・・・・。
他の人たちは滝のそばへ近寄れない・・・・。
という私の不満オーラが通じたのか
「人が増えたから止めよう」とアイスクライミングはお終いになりました。
f0007956_16594180.jpg
f0007956_1659539.jpg

f0007956_1725820.jpg

f0007956_170383.jpg
f0007956_1701553.jpg

滝の前でゆっくり過ごし、他の滝見物はやめて、紅葉谷を登ることにしました
雪が結構残っていて、今日はお天気もいいので心がなごむ雪景色です。
f0007956_1705271.jpg

大きなブナの木も元気に枝を広げています
f0007956_171214.jpg

紅葉谷を登り切り、六甲山ガーデンテラスでちょっと遊んでから
(本日の気温は-7℃)
ロープーウェイで有馬に帰ってきて
パン・ド・ボウのおいしいコーヒーで温まって帰ってきました。
ただ、残念なことに今日は樹氷が全くありませんでした。
湿度が低すぎるのかもしれません。
来年は、樹氷がターゲットです!
[PR]
by poppy48 | 2011-01-30 17:33 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る