高島トレイル、駒が岳へ

4日(日)に、行ってきました。
ガイドのYさんのところの山行です。総勢10名。
知っている人ばかりで安心!

マキノの愛発越(あらちごえ)から今津の山並みを経て、
朽木の三国峠に至る80Kmの尾根を通るルートが高島トレイルで、中央分水嶺になります。
という訳でその尾根を境に気候も植生もガラリと変わってしまうというのは頭では分かっていたのですが・・・。

4日(日)はこちらはカンカン照りだったそうですね
駒が岳では、一日中雨、雨、雨・・・。
おかげで涼しくて楽だったのですが、やっぱりお天気は良いに越したことはありません。

京都から鯖街道を福井県近くまで北上します。
麻生川を遡ったあたりに、知る人ぞ知る登山口があり、小雨の中をスタート。
f0007956_14414094.jpg

焼尾東谷を渓流沿いに登るのですが、何度か渡渉しないといけないのに
水量が多くて、スリル満点。
f0007956_14415434.jpg

f0007956_14422426.jpg

尾根に出てしまうと、延々と霧に煙るブナ林が続き、神秘的。
さすがのブナの樹も蓄えきれない雨水が木肌を川のように流れています
f0007956_14423425.jpg

f0007956_14421048.jpg

展望の良いはずの山頂から見えるのは皆無。
ザーザー降りの中でお弁当を食べるのも難しいものです。
f0007956_14425265.jpg

こういう経験も悪くはないですが
できれば、青空に輝くブナの森を見たかったです。
9月の高島トレイルシリーズにまた参加しましょう
f0007956_1443276.jpg

[PR]
by poppy48 | 2010-07-06 15:04 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る