往復3,000円で広島へ

10月5日、いつものハイキングメンバーで広島の白滝山、黒滝山に行ってきました。
ただいま発売中の「鉄道の日記念・西日本一日乗り放題きっぷ」を使って、参加者は6人です。

往路の予定は
名塩駅6:24発→尼崎→姫路→岡山→三原11:09着
ここで1つ目のアクシデント、私が目を覚ましたのが6:05
頭を急速回転させた結果、「間に合う!」と判断
めざめから7分後に家を出発して、見事滑り込みました。

三原駅からタクシーで白滝山登山口へ
2つ目のアクシデント
分乗した2台のタクシーがはぐれてしまいました。
タクシーを降りて後続車を待つも、いつまで待っても来る気配がなく
悪いことに携帯もつながらず・・・二手に分かれて別行動になるか・・・
と思っていたら、電波が入るスポットがみつかり、少し離れたもう一つの駐車場にいることが判明
無事に合流することができました

登山というほどもありません。磨崖仏だらけの道を少々登ると、もう白滝山の頂上(350m)です。
f0007956_1647788.jpg

この仏さまの上に登ると、岩が平らになっていて、360度展望のきく
絶好のお弁当スポットです。
f0007956_16444834.jpg

お天気は曇りですが、霞んだ瀬戸内海の島々の眺めも乙なもの。
f0007956_16441392.jpg

次は、30分ほど歩いて黒滝山(266m)
f0007956_16442689.jpg

こんな低い山とは思えないほど、ごつい岩肌の山で、
スリルのある岩の先っぽまで行ってみました。
写真↓の真ん中によじ登り中の人間がいます
ここからの眺めも素晴らしく、瀬戸内海を目に焼き付けるべく、しばし逗留。
お天気が良かったら、すごいでしょうね
f0007956_1644313.jpg

唱歌「みかんの花咲く丘」さながらのみかん園の間の細い坂道を下って、忠海(ただのうみ)駅から帰路に着きます。
3つ目のアクシデント。リーダーの財布がない!
福山辺りで気づいて、探しに戻られたところ駅に届けられていたことが分かり
これも無事解決。
9:30帰宅。長い1日でした!
[PR]
by poppy48 | 2009-10-07 16:53 | お出かけ | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る