波豆、木器あたりへ

「桜」は「見に行く」ものではなく「会いに行く」ものだそうです。

去年の12月に三田の大船山に登った時に、大舟寺跡で見つけた山桜の巨木に
会いに行きました。
波豆川バス停から続く古い参道は、荒れて春の雰囲気からは程遠く、桜なんかないかと諦めつつ
意外と遠い道のりを歩いていたのですが
な、な、なんと、この巨木だけ満開の花をつけて待っていてくれました。
感動のご対面~!
f0007956_11381729.jpg

株立ちの幹の中に入ってパワーをもらいました(吸い取られたかも・・・。)
花がついているのは、この幹の倍くらいの高さの所なので、この写真には写らない。
f0007956_1214947.jpg

曇天なのが少し残念。

キャンプ場の方に下って波豆川沿いの道を戻るのですが
お天気が回復し、なんともゆったりした田舎の風景を満喫しました。
f0007956_11383727.jpg

先ほどのお寺が移転(1677年)された、新しい大舟寺に行ってみました。
こちらは対照的に、非常に手入れが行き届いた美しいお寺でした。
f0007956_11384865.jpg

県下3大カヤの木の一つがあり、またまたパワーをいただきました。
f0007956_12182067.jpg

今年の桜もそろそろおしまい。
楽しいお花見たくさんできました。感謝!
f0007956_11385858.jpg

[PR]
by poppy48 | 2009-04-18 12:20 | | Comments(0)

「瑶林瓊樹」とは美しい木や林の意味です


by poppy48
プロフィールを見る